簡単アクセス!オーレスン空港〜市街地間バスでの行き方

ノルウェー人が選ぶ最も美しい街No.1に輝いたノルウェ西海岸の港町、オーレスン Ålesund。ちょっとコアな個人旅行者を中心に、オーレスンへ足を運ぶ人も増えてきました。

今回はオーレスンの玄関口である空港から市街中心部までバスをつかったアクセス方法を紹介します。

1. 原則はシャトルバス

オーレスンの空の玄関口であるオーレスン・ヴィグラ空港は、オーレスンの郊外ヴィグラ島に位置しており、中心部からだと距離にして15km程度、車で20分の距離にあります。

空港と市内を結ぶ路線バスはなく、移動手段としてはタクシーか空港シャトルバスの2択になります。

しかしながらノルウェーは世界一物価の高いということもあって、タクシーは非常に高いのでオススメできません。空港から市街地中心部まで為替と道路状況にもよりますが、大体6000~8000円ほどかかってしまいます。

そのため、第1選択は空港シャトルバス。本数も十分に多く観光客にもわかりやすいので是非こちらを使ってください。

2. 空港の停留所

オーレスン空港アクセスバス-3

オーレスン空港のバス発着場は、空港出口を出た目の前にあります。空港自体非常に小さいので、迷うことはないでしょう。

預け入れ荷物を受け取った後、そのままゲートを出れば目の前に到着便に合わせてバスが待機しているはずです。

利用するバスは660番と表示されたバス(Moa行き)になります。

3. 市街地の停留所

オーレスン市街地の停留所は公式には2箇所ありますが、運転手によっては中心部の「最も中心」の前で降ろしてくれることがあります。

いずれにせよ不安な場合にはバス運転手に「City Center」もしくは宿泊予定のホテル名を伝えておくといいでしょう。

尚、空港から市街地へと向かう場合には所定のバス停からしか乗車することができません。

オーレスン市街停留所

  • Skateflukaia Ferry/Bus Terminal
  • Blixvalen

空港へと向かう際にバスを利用する場合、一番わかりやすいのはSkateflukaiaと呼ばれるフェリーターミナル前にあるバスターミナル(Track3)になります。こちらも市街中心部から徒歩数分の場所というわかりやすい場所にあります。

4. 購入方法

バスのチケットは運転手より直接購入することが可能で、現金の他クレジットカードも利用することができます。

料金は年々値上げ傾向がありますが、2017年7月現在の料金を以下に示します。

片道

  • 大人 93 NOK
  • 子供 47 NOK

往復

  • 大人 139 NOK
  • 子供 70 NOK

*1年間有効

5. 時刻表

空港から市街地へと向かう場合には、到着便に合わせてバスが待機しています。ノルウェー国内線の場合には到着15分後、国際線の場合には到着20分後に発車します。

空港へと向かう便は、約30分〜1時間に1本の割合でバスが出ています。

曜日や時期によって運行スケジュールが多少変わるので、正確な発車時刻は宿泊先のホテルで聞くか、あるいは事前にバスターミナルに寄り最新の時刻表をチェックしておくことをお勧めします。

公式HPでも最新の発着時刻を確認することができます。

6. 最後に

オーレスン・ヴィグラ空港とオーレスン市街地を結ぶバスを使ったアクセス方法を紹介しました。

タクシーを利用した場合には非常に大きな出費になってしまうので、空港を利用の際にはシャトルバスを利用するようにしましょう。

オーレスンに訪れた際には美しい街並みを存分に堪能してくださいね!

オーレスンに泊まるならここ!

オーレスンに宿泊する際に一押しなのがScandic Ålesund。運河に面した美しい景観が楽しめるホテルであり、客室やレストランからの眺めは見事。

北欧を中心とした中〜高級ホテルチェーンでありクオリティは折り紙つきにもかかわらず、ここのホテルは宿泊料金は抑えられていてコストパフォーマンス絶大です。

また、景観の見事なレストランで全宿泊客に無料で提供される朝食も非常に物価の高いノルウェーということを考えると嬉しい限り。品数も豊富で大満足間違いありません。

ホテル詳細: Scandic Ålesund
住所: Molovegen 6, 6004 Ålesund, Norway
筆者の実際の宿泊記: こちら

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事