リトアニア縦断!シャウレイからヴィリニュスへのアクセス方法

シャウレイ駅

世界無形文化遺産にも登録されている十字架の丘へ訪れるためにシャウレイへ行く旅行者の方が、次に目指す街がリトアニアの首都ヴィリュニュス。

高速バスでの移動が一般的ですが、時間がかかりあまり快適とは言えないのが本音なところ。

今回は、そんな悩みを持つ旅行者向けにシャウレイ駅からヴィリニュス駅まで列車を使ったアクセス方法を紹介します。

1. シャウレイ中央駅

シャウレイ中央駅

シャウレイ中央駅は、市街地中心部の外れ、シャウレイ中心部メインストリートより徒歩10分程度のところにあります。

駅の周りにはお店というお店は何もないこともあり、あまりに早めに駅に着いてしまうとかなり退屈な時間を過ごすことになってしまいますので注意してください。

Šiaulių geležinkelio stotis

2. 切符購入

運賃

シャウレイアクセス

ヴィリニュス行きのチケットの購入は駅構内の有人チケットオフィスで行います。例に漏れず英語はほとんど通じませんが、行き先を告げるだけで一番早いヴィリニュス行きのチケットを売ってくれるはずです。

運賃は11ユーロ、全席指定でした。

チケットには目的地、発車時間の他、「Vagonas」と書いてあるのが号車番号、「Vieta」というのが座席番号になります。

改札口や刻印機のようなものはありませんが、車内検札が必ずくるので無くさないように車内へ持ち込んでください。

タイムテーブル

シャウレイとヴィリニュスを結ぶ直通列車は1日に4本運行しています。所要時間は停車駅の数にもよりますが2時間から2時間半程度と、同区間を高速バスを利用する場合と比べて約半分の時間で移動することができます。

実際に旅行のプランを立てる際には、こちらのリトアニア鉄道公式サイトより発着時間を再確認することをおすすめします。

以下タイムテーブルは2017年3月現在です。

シャウレイ発

シャウレイ

ヴィリニュス発

シャウレイアクセス

3. キオスク

シャウレイ駅の周囲にはお店など特にありませんが、駅に併設して1軒だけ小さなキオスクがあり、そこで簡単なスナックフードを食べることができます。店内には小さなテーブルが2つありますので中で食べてもよし、テイクアウトにして駅周辺で食べてもよしです。

揚げたてのポテト山盛りにソーセージが2本という豪快なファストフードですが3.5ユーロと激安。リトアニアの物価は本当に旅行者には嬉しいところです。

4. プラットフォーム

ヴィリニュス行列車

列車が到着するプラットフォームは、発車時刻の10分前程度にならないと確定しません。ホームにある電光掲示板及び駅放送(リトアニア語、英語)で案内があるので、よく確認してください。

出発時間が近づくと頻繁にアナウンスが入り、多くのお客さんがプラットフォームに集まってくるので乗り逸れるということはないはずです。

5. 車内

ヴィリュニュス行き電車

車内は非常に清潔で、広々としています。座席指定ですが、満席になることはまずなさそうですので、隣の席に誰かが座るということはほとんどなさそうです。

車内ではWi-Fiが使える他、座席によってはコンセントも設置されているため乗車中もインターネットを使用して時間を潰したり次の目的地の観光情報を調べることができます。

約2時間強のリトアニア列車旅を楽しんでください。

6. ヴィリニュス中央駅

ヴィリニュス中央駅はリトアニアでも最大の駅ですが、運行本数が少ないこともありかなり空いている印象。なぜかプラットフォームには大きなおじさんの像が建っています。

ここから旧市街中心部までは徒歩10分程度と、非常に便利な場所に位置しています。

7. 最後に

リトアニア鉄道を使ったシャウレイ駅からヴィリニュス駅までのアクセス方法を紹介しました。

高速バスを使った場合と比較すると本数も少なく若干旅行者が使いにくい感じはありますが、移動時間を短く済ませられるので可能であれば列車の時間に合わせたプランを計画してみることをおすすめします。

シャウレイの観光で1番メインとなる十字架の丘へのアクセス、および筆者おすすめのタイムスケジュールをこちらの記事で紹介しているので合わせてお読みください。またカウナス〜ヴィリニュス間の移動についても別記事で紹介しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yama

1988年 横浜生まれ。2016春よりスウェーデン南部マルメ、2017年夏より英国ロンドンに大学院留学。その間北欧ほぼ全ての都市を廻る。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光のエキスパートとしてブログを運営中。