鳥肌必至!リトアニアの世界遺産 十字架の丘へ行ってみた

十字架の丘

リトアニアの都市シャウレイ郊外にひっそりと佇む世界遺産、十字架の丘。

リトアニア国民がソ連の圧力に抵抗し、自分たちのアイデンティティを守るために作ってきたというリトアニア人にとっては非常に威厳のある場所でもあります。

今回は、そんな十字架の丘に一人で行ってきた際のことをレポートします。

1. 十字架の丘をめぐる歴史

リトアニア人にとって十字架の丘は彼らのアイデンティティにとって非常に重要な意義があります。

ヴィリニュスに宿泊した際に、ゲストハウスのオーナーにこの十字架の丘を訪れたことを話すと、非常に喜びながらもその歴史的な背景をとても詳しく、そして熱く語ってくれました。最近では観光客も増えたが、やはりその裏側で起こった歴史を知ってほしいとのこと。

ですので、まずは簡単に歴史の話をします。

十字架の丘

ジェノサイド博物館(ヴィリニュス)の展示より

十字架の丘の起源は17〜18世紀。当時ロシア帝国の支配下に入っていたリトアニア人が、独立するために起こした蜂起の犠牲者を祀るために遺族が十字架を立てたのが始まりとされています。

その後、第1時世界大戦が始まるとドイツの支配下に。1918年にドイツ帝国が崩壊し、リトアニア共和国として再度独立を回復しますが、第2時世界大戦中の1940年、今度はソ連の侵攻を占領されます。ちなみに杉原千畝が命のビザを書き続けたというのはこの頃です。

さらに1941年にナチスドイツ軍の侵攻とホロコーストを受けドイツに占領されたのち、1944年再度ソ連による侵攻を受け、リトアニア・ソビエト社会主義共和国という形でソ連の統治下に入ることとなります。

リトアニアの歴史

犠牲者への慰霊のために丘へ十字架を立てる、ということももちろん行われました。

しかし、この十字架の丘の規模が一気に増える原因となったのが1990年まで続いたソ連による統治。ソ連体制による全体主義への抵抗を非暴力的に示すために、十字架の丘へ十字架を立てるということを続けました。

この頃は、ソ連によってブルドーザーにて4度十字架の丘が破壊されましたが、十字架を立てるリトアニア人の数は増えるばかり、1990年に再度独立を果たす際には6万本弱の十字架が建てられていたということです。

その後はリトアニアはキリスト教国ということで、キリストへの信仰の意味を込めて、また未来への願いや希望を込めて、そして亡くなった人を慰霊するためなど様々な思いを込めて十字架が備えられ現在では20万本以上の十字架が建てられています。

1993年にローマ法皇が十字架を訪れ、その際は10万人もの人がこの丘に訪れて祈ったんだとか。現在では世界遺産にも登録され、コアな旅行者を中心に訪れる人が増えてきました。

2. 十字架の丘へ行ってみた

a. シャウレイからまずはバス

十字架の丘へのアクセス詳細

十字架の丘へ向かう旅行者の方向けに詳しいアクセス方法を紹介しています。今後十字架の丘へ訪れる方でアクセス方法を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

十字架の丘へのバス

十字架の丘へ行く際には、最寄りの街シャウレイから路線バスもしくはタクシーを利用する必要があります。ということで今回はバスを利用。

本数が少ないとか、路線バスのハードルが高いとか色々ありますが、なんていったって、片道0.8ユーロには代えられません。

運転手は英語まったくダメな模様。「ドマンタイ、テル ミー!」と超基本的な単語を使って、到着したら教えてくれと伝えておきました。

b. 孤独な一本道

最寄りのバス停は「ドマンタイ」。運転手についたと言われ降車すると、、、何にもない平野に国道が一本走るだけという辺鄙なところに取り残されました。

バスの運転手からの「あっちへ歩け!」

とのジェスチャーとバスターミナルでもらった超簡単な地図を参考に、バス停のすぐ側から分かれている脇道をすすみます。

本当に無の世界

ひたすら一本道を歩きます。その距離2km。朝9時頃だったのですが車も全然きません。

十字架の丘

一回こういうことやってみたかったんで、やってみました。霧のおかげで?せいで?困難に立ち向かう冒険者みたいな感じに。車が全然こないので轢かれる心配は無用。

この一本道をひたすら歩きます。日本を離れ8000キロ、人間ってほんとちっぽけな存在です。

c. ビジターセンター

十字架の丘インフォ

バス停から歩くこと20分。脇道沿いにやっと久しぶりに見る建築物、ビジターセンターがありました。

まだ朝早いこともあってか露店での十字架売りの準備をしている人が1人いただけ。結局ここを離れる11時前までこの人を除いて誰一人とすれ違うことはありませんでした。

リトアニアという国にあること、首都ヴィリニュスからも離れており個人旅行客が訪れにくいこと、団体バスも季節によっては全然こないこと、などからまだまだビジターの数は少ない秘境スポットなのかもしれません。

d. 十字架の丘へ

十字架の丘

ビジターセンターを横目に一本道を歩きます。

お、なんか見えてきた?

リトアニアの歴史

ついに来たー!

横数十メートルにわたって十字架がずらーーーーーーっと並ぶ光景は圧巻。天気が良くても気持ち良さそうだけど、この日は凄い濃い霧がかかってるせいかより幻想的な雰囲気が出ていました。

リトアニアの世界遺産

じゃーん!ここまで遠かった!

 

ってやって見たけど、天気が天気なせいかあんまいい画にはならないな、、、。

この時点で視界の中は100%十字架の山。大小無数の十字架が建てられています。丘の上へと続く遊歩道があるので、そこを使って丘の中へ入っていきます。

d. 丘の中で埋もれる

十字架の山

どこを歩いても、遊歩道をの中でも外れても、十字架が無数に重なっています。木のもの、樹脂のもの、石のものなど材質も様々。最近建てられたと思われる比較的新しいものから、相当年数のたっていることが伺えるものまで。

ビジターセンター前にあった露店でも十字架が売られているので、そちらで購入して立てている観光客も多いんだと思います。

リトアニア

大小も様々で、ポケットサイズのものから本格的な石碑まで。いくつかの大きな十字架は、激動の時代に当時の神父が民衆とともに行列を作りながら背負って運ばれたものなんだとか。

言語も様々で、リトアニア語のものはもちろん、英語、ポーランド語、ヘブライ語をはじめ多くの言語が見られます。特にユダヤ系の人々が多く住んでいる国の言葉が多かった印象。

リトアニアの世界遺産

十字架の中を歩いているとなにやら音が聞こえて来ました。

ぁdんれうふrfdkfれ(不気味)・・・・

 

誰もいないはずの十字架の丘なのに、どこからか不気味に声が聞こえてくる、、、と思いきやこの像の足元にスピーカーらしきものが。リトアニア語でしたが聖句が朗読されているようです。

リトアニアの日本語

なぜかリトアニア・富士山と日本語で書かれた十字架(画面中央)や、日本でもよく見かける「世界人類が平和でありますように」の看板(画面左端)も。

その他紹介しても紹介しきれないくらいの無数の十字架が置かれています。

まだまだ。

全部は紹介できませんが、とにかくすごい数の十字架。とにかくすごい、それしか言いようがありません。

リトアニアをめぐる歴史を少し理解した上でこの丘を訪れたこともあり、この規模の十字架をみているとだんだん感慨深くなってきます。

気づけばこの丘に3時間弱。結局誰一人と出会うことなく、霧の中十字架の中を徘徊しましたが全身全霊が何かに吸い込まれているような、そんな不思議な感覚になりました。

3. 最後に

いかがでしたか?

十字架の丘では、早朝に訪れたこともあり霧がかかる中誰一人としてすれ違うことなくゆっくりと身を置くことができ、とても感慨深い気持ちになりました。

リトアニアという国はつい最近まで数百年にわたる独立をめぐる戦いを行なってきた悲しい抵抗の歴史のある国です。そんな中でもリトアニア人が自分たちのアイデンティティを守るために作り上げた十字架の丘、リトアニアを旅行される際には彼らに敬意を示すためにも訪れて見てください。

そして、せっかくリトアニアを訪れる際には過去に何が起こったのか、少し歴史的な側面も勉強していくとより実りある旅になること間違いありません。

シャウレイで泊まるなら!筆者おすすめホテル

ホテルシャウレイの詳細・予約はこちら シャウレイおすすめホテル

十字架の丘を観光する際に、シャウレイで一泊するという方におすすめなホテル「ホテル シャウレイ」。シャウレイの中心部にある高層ホテルで眺めもよく、十字架の丘行きのバスが出るターミナルまでも徒歩10分程度でした。

しかも一泊シングル25ユーロという格安。新しいホテルではありませんが清潔に保たれていましたし、なんせコスパ抜群です。実際の宿泊記も公開しているので、こちらも合わせてお読みください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です