エコでハイテク!ラトビア首都リガ観光に便利なトラム・バスの乗り方

近年のバルト3国人気の高まりから、ラトビアを訪れる旅行者の方も徐々に増えてきました。

ラトビアの首都リガ自体はそんなに大きくない街ですのでほとんどの観光スポット徒歩でアクセス可能ですが、公共交通機関も使えればさらに移動の幅が広がって効率よく観光をすることができます。

実はラトビアの公共交通機関はハイテクでかつエコフレンドリー、しかも使い方も簡単。今回はそんなラトビア市民の足を紹介します。

リガ市民の3種類の足

リガ市内の主要な移動手段はトラムとバス、そしてトロリーバスになります。

1. バス

リガ市内や郊外へと走る路線バス。大型のものと10人定員の小型バスが走っています。

メルセデスベンツで統一されているようで、内部もICカードリーダーや電光掲示板などが整備されています。さすがIT大国ということもありハード面でもソフト面でも進んでいました。

2. トロリーバス

トロリーバスは一見普通のバスなのですが、電車のようにルート上に電線がありそこから電力供給を受けているバスになります。

ハンドルで運転はしていますが、電線に沿って決められたルートを決められた車線で運行します。

もともと旧ソ連の統治をうけていた旧共産圏の国でトロリーバスはよくみられます。当時は供給が不安定であったガソリンよりも電気を利用した方が安定運行ができるというのが理由。

ですが、現在では公共交通機関は常に同じルートを走るため、電力で動いた方がガソリン車よりも環境に優しく沿道を歩いている人にも優しいから、というエコを意識した理由で運行を続けています。

3. トラム

リガ中心部から市内の郊外まで幅広く連絡しているのがトラムです。見ての通り街中にトラムの架線が敷かれています。

リガ市内を走るトラムは見ていても飽きません。旧式のデコっぽいシルエットのものから最新式のハイテクトラムまで色々なタイプが走っています。

・旧式トラム

一口に旧型とはいっても製造された時期によってデザインは様々。古い建物が多く残るリガの街並みによくなじんでいます。

・新型トラム

やはり街並みを考えると旧式のほうが可愛らしいんですが、ハイテクが進んでいる国だからこそ最新式を普及させたいという思いもあるのでしょうか。現在は最新技術を導入した新型車両が次々に投入されています。

新型の内装はシンプルでありながらとても綺麗。

トラム内装

乗り降り簡単な一律料金

リガでのバスやトラムは日本と違って一律料金制を引いていますので、乗車運賃の支払いは簡単です。

事前にキオスク Narvesenや券売機で購入しておけば1回につき1.15ユーロ、乗車後に運転手から購入する場合は2ユーロとなっています(2017年5月現在)。

チケットは紙のICカードとなっており、事前購入の際には使用したい回数分チャージをしてもらいます。使い捨てですので、使い切ったのちは捨てて構いません。

キオスク

いたるところにキオスク Narvesenはあるので乗車が決まっている時には事前に是非購入しておきましょう。事前に購入した場合には切符をバスの中のICカードリーダーにタッチするだけです。

リガチケット

公式HPから乗り換え案内を見ることができます。

最後に

いかがでしたか?

ラトビアに訪れた際には是非トラムやバスも利用してリガ市内の隅々までみてみてください。トラムは見ていても飽きませんしリガ観光の幅が広がりますよ。

バルト3国の観光の情報はあまりないので、上記のような市販の本も参考になります。

ここで出した3冊を持っていればバルト3国の文化や観光情報を知るには十分すぎる内容を知ることができると思います。特に真ん中の本は北欧雑貨好きな人もおそらく好きな感じの本でおすすめですよ。

最新の情報をしっかり持って不安のない旅行をしてください!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事