Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や旅行に役立つ情報を紹介。

                    

どこでも簡単アクセス!ダブリンバスの乗り方

      2016/08/14

dublin-bus

アイルランドの首都ダブリンに広く路線を持つダブリンバス。市民や観光客の移動手段として欠かすことができない公共交通機関です。

観光客にとっては、海外の公共交通機関を使うのはハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか。今回は使いこなすと格段に移動が楽になるダブリンバスの乗り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

1. 市民の足ダブリンバス

ダブリンバス

ダブリンでの移動手段のメインになるのが黄色と青の柄のダブリンバス。ダブリン市街だけでなく郊外まで幅広く路線を持っており、観光客に取っても移動手段の要になります。

路線数は非常に多く、また夜遅くまで運行しているので、ダブリンバスを使いこなすことができれば移動の範囲が格段に広がるはずです。

ダブリン

またロンドンバスと同様全て2階建バスですので、2階席の前方に陣取ることができればそれだけで観光気分が味わえます。

2. トラベルカード Leap card

Leap cardとは

Leap card

Leap cardとはダブリンにあるバスやトラム、鉄道など公共交通機関全てに使えるICカードで、日本でいうところのSuicaやPasmoに該当します。ダブリンを旅行する際には1人1枚持っておくと便利ですので、是非購入しましょう。

バス乗車時にLeap cardでの支払いを行うと平均20%割引、90分以内の乗り換え時の割引、1日のバス料金上限(€6.90)もしくは週の上限(€27.50)以降無料といった、お得な運賃が適応されます。Leap card購入時にデポジット(返金可)を€5支払いますが、すぐに元は取れるはずです。

購入・チャージ場所

ダブリンコンビニ

Leap cardの購入は、市内のダブリンバス窓口だけでなく、主要なコンビニ(SPAR、Centra、Londis等)や中心部に数多く存在する観光案内所などどこでも購入・チャージすることができます。購入やチャージ(トップアップ)をする際にはレジの店員に直接尋ねてみてください。

ダブリン空港にもコンビニチェーンSPARがありますので、到着したら真っ先に購入することも可能です。

3. バスの止め方

ダブリンバスはバス停で合図をしない限り目の前を通過されてしまいますので、乗車したいバスが来た際には手を上げてサインを出します。

この時手は高く上げる必要はありません。というよりナチ式敬礼のように思われるので好ましくありません。手を真横、もしくは真横よりやや低い位置に伸ばして乗車の意思を伝えましょう。

4. 前方乗車・前後方下車

ダブリンバス

ダブリンバスは原則前から乗車し、バスを降りる際には前方もしくは後方のドアを利用します。

5. 支払い方法

バスの運賃は現金(小銭のみ)もしくはleap cardで支払いが可能です。バスに乗り込む際、運転手に直接行き先を告げて支払いを行う列(左)と、カードリーダーを用いて自分で精算する列(右)に暗黙の了解で分かれますので、自分が当てはまる方に並んでください。

現金の場合

現金で支払う場合は、バス乗車時に左側の列に並びます。そして、ドライバーに直接行き先を告げその額を支払うことになります。

この時、紙幣は使用できませんので小銭を用意するようにしてください。

またお釣りはその場では受け取れません。お釣りが欲しい旨をドライバーに伝えると、金額の書かれたレシートをもらえるので、それを持って市街中心部にあるDublin Busの窓口に持って行くことでお釣りを受け取ることができます。

leap cardの場合

leap cardを使用する場合には、支払い方法によって乗車時左右どちらの列に並ぶかが分かれます。

ドライバーへ支払い

基本的には現金支払いの場合と同じく、左側から乗り込み、乗車時にドライバーに行き先を告げます。ドライバー横のカードリーダーにカードをかざすことで必要な額をカードから引いてもらえます。

カードリーダー使用

leap cardを所持していて、かつ長距離の場合、終点までの場合、もしくは定期券等を利用している場合には、バス乗車後右手にあるカードリーダーにかざすことで乗車することができます。通常左側の列は混雑しますが、この方法で乗車する際は優先的に右の列から乗車でき早く座席を確保できるメリットがあります。

この時注意しないといけないのは、カードリーダーに自分でかざした場合にはそのバスの運賃の「満額(2~3ユーロ)」引かれるということ。ですので短距離の利用や、自分の移動範囲が「満額」に相当するのかわからない場合には運転手に尋ねる方法で支払いを行ってください。

6. 降車時

ダブリンバスは車内アナウンスと電光板表示がありますので、降りる停留所さえわかっていればわかりやすいと思います。観光客が訪れるようなところは乗降者も多いので問題はないと思いますが、どうしても不安な場合にはバスの運転士にあらかじめ伝えておけば教えてくれるかと思います。

降車の意思表示は日本と同様バス内の停車ボタンを押すだけです。

降車時には運転士に「Thanks」「Thank you」「Cheers」など何かしら感謝の意思を伝えるのがダブリンバスのマナーですので、合わせて覚えておきましょう。

7. 最後に

いかがでしたか?ダブリン市街の公共交通機関はかなり発達しています。ダブリンバスを攻略できれば一気に活動範囲が広がりますし、何より歩く量を減らして体力を温存できたり、タクシーを避けれたりとメリットが多いですので是非活用してみてください。

ダブリンのお得なホテル検索はこちら

アイルランドのオプショナルツアーはこちら

料金が行き先によって変わるのでバスの運転士に言わないといけない、ということさえ覚えておけば難しいことはありません。

魅力の多いダブリンを2階建バスでくまなく巡ってみてくださいね!