カラー天国アイスランド!ポップなレイキャビクを街歩きしてみた①

航空券の安さに釣られ、念願だったアイスランドに初上陸。

なんと、今回は丸2日かけて首都レイキャビクの街を散策しました。

普段は、このブログでは観光案内など旅行者に向けての記事を書きますが、今回は自分が旅行者の立場になって、とりあえず到着後ぶらりと首都レイキャビクを街歩きした際の旅行記初日編をお伝えします!

1. 飛行機の窓から

朝9時過ぎ、居住地であるマルメの最寄りの空港、コペンハーゲン国際空港からSAS(スカンジナビア航空)に乗って、アイスランドを目指しました。

飛行機に乗って約30分、見事な朝焼けが広がり少し感動。

コペンハーゲンの朝焼け

これから段々朝焼けが広がり、空が青くなって行くのかなーと淡い期待をするも、そこは北欧。そんな甘くはないようで。

段々北へ進むにつれてなんとなく暗くなり。

アイスランド旅行記

朝まだ10時過ぎなのになぜか太陽がどんどん沈んで暗くなっていくというなんとも不思議な体験をすることに。

コペンハーゲンとアイスランドでは日の出の時間が随分と違うため、北上するにつれて朝にもかかわらず雰囲気は夜へと戻っていきます。

2. 空港到着!

空港ロビー

レイキャビクの近郊にあるケプラヴィーク国際空港到着!んーなんかおしゃれ!さすがアイスランドというだけあって、The北欧な感じの無機質ながらも洗練されたデザインです。

とりあえず、アイスランドのインターネットを確保するために空港のコンビニでSIMカードゲット。海外にいる限りはSIMフリー携帯が大活躍します。

これで観光の準備は万全、満を期して外に出て見ます。現地時間は11時40分

アイスランド空港上陸

暗っ!

これでもiPhoneの高感度撮影のため随分明るく写ってますが、はっきりいって正午前なのに??という暗さ。

アイスランドは緯度的には白夜になるような場所ではないんですが、やはり暗いです。それもそのはず、この日は冬至2日前。

とりあえず、空港から市街地への唯一の交通手段である、シャトルバスに乗ってレイキャビクの街へ向かいました。

3. レイキャビクの街歩き

レイキャビクの街に到着したのちは、しばしの街歩き。初日ということもあり、この日は全体像を把握するために広く浅く歩いて見ます。

レイキャビクの街並み

北欧の小さな街ってまさにこんな感じ、という期待通りの景色です。小さくカラフルな建物が連なり、大きなガラスウィンドウから光が溢れています。

レイキャビク

クリスマス前ということもあり、街路樹は装飾され、クリスマスイルミネーションがとても綺麗。薄暗くてほとんど夜景になってますが、これでも正午過ぎなんです。

首都ではあるものの、他の大都市と比べて人口密度も少なく、町歩きするにはとても快適。むしろ中心部を歩いている人はほとんど100%観光客という感じでした。

レイキャビク

ちょっとしたカフェなんかもすごくでポップ。こういう建物が多いのも、極地ならではの冬の厳しさがあるからなんでしょうか。

そういえば北に行くほど建物のカラフル度合いが増すなんてことをよく聞きます。

店先にトロールがお出まし。北欧といえば妖精トロールです。

あの不敵な笑顔に誘われるようにして入店。やっぱりアイスランドでも定番土産はトロール人形みたい。

4. レイキャビクのシンボル!

レイキャビクで最も有名な建物といえば、ハットルグリムス教会。レイキャビクの中心部に位置するルター派の教会で、アイスランドで最大の教会かつ、最も高い建物です。1945年に建築が開始され、なんと完成までに41年も要したんだとか。

今回訪れた時は両サイドが少し工事中でしたが、その白い巨壁は圧巻そのものでした。

グルントヴィークス教会

内部は真っ白。

おしゃれーー!

グルントヴィークス教会の祭壇

とにかく真っ白です。写真だと白さが浮きだってませんが、本当にくすみのない白さ。とても気持ちが安らぐ空間でした。


スポンサーリンク

5. 昼食はクジラ!

そろそろお腹がすいて来たというところで、Google mapでポイントの高いバーを発見。感じが良さそうなお店だったので実際に言ってみました。

店員に「とりあえずIcelandっぽいもの食べたい」と言って出てきたのがこれ。

クジラのステーキ

牛フィレステーキ!

ではなく

クジラのステーキ!

人生で初めてクジラをしっかり食べました。日本の居酒屋でもクジラの唐揚げとか食べたことはありますが、イメージが180度変わりました。とにかく旨い!

普通の牛フィレステーキなんかよりずっと美味しいです。クセもなく、本当に「肉」が柔らかいのに締まっていて超感動。

バー店員曰く、アイスランド人も「テロリスト集団」シーシェパードと戦ってるって言ってました。というわけでアイスランドに行ったらとりあえずクジラお勧めです!

6. ぶらり歩きPart2

お腹も満たされたところで、再度レイキャビクの街歩き再開。博物館とかの見学は時間もないので次の日にしようと決め、初日は徹底的にぶらり歩きをして過ごすことに。

レイキャビクの市街中心部を歩いていると、何やらちょっと雰囲気の違う、でもこじんまりした建物発見。

なんとこれ、首相官邸なんだとか。セキュリティなし、フェンスなしの超オープンな建物。さすが世界一平和な国と呼ばれるだけあります。インターフォン鳴らす勇気は残念ながら持ち合わせず。

首相官邸(左)が完全に街に馴染んじゃってます。

首相官邸からほんの数分歩くと、レイキャビクの憩いの場、チョルトニン湖へ。この時は気温がとても暖かかったこともあり、湖の凍結はしていませんでした。

冬季真っ只中の時は、温泉水を流して渡り鳥たちのために湖が全て凍らないようにしてあげているんだとか。この感じだとまだ大丈夫そう?にしても白鳥の数に圧倒。

7. 宇宙一の、、、

ホットドッグ!!

クリントン大統領やら超有名人がこぞって食べては絶賛するというホットドッグスタンド。

宇宙一旨いとか大袈裟すぎるでしょ!と思いつつも並んで食べましたが、たしかに経験したことない新しい味で旨い!ソースの甘みやらオニオンチップの歯ごたえやら色々と新しくて、確かに旨かった。

けど宇宙一はやっぱ大袈裟では。。。?

ちなみにこのホットドッグスタンド、レイキャビクで一番混んでました。唯一見た行列。しかもバスツアーでホットドッグ食べに来る中国人観光客ってある意味すごい?

8. 奇跡の晴れ間に海へ

朝からずーーっと曇りだったので、初日は晴れ間は完全に諦めていたんですが、本当に数十分奇跡的に晴れました。

晴れそうな雰囲気を感じて海沿いへダッシュ。レイキャビクの中心部からはどこからでも海岸線まで数百メートルの距離です。

ハルパコンサートホール Harpa Concert Hallを横切り、目指すはちょっと有名なフォトスポット。

海あおーーーーい!

海が不思議なほど青い。南国みたいに透明で透き通ってるとか、そういう青さではなく、深い水色。氷河が青いのと同じような、水そのものが色付いているようなそんな水色。

ちなみにこの船のモチーフ。Sun Voyagerといって、太陽への賛歌を届けるドリームボートなんだとか。

ちなみに、この青空のわずか20分後から突然霰が降り始め、ホテルへ撤退しました。

9. 番外編

ホテル帰る前に、とりあえずスーパー寄って水だけ買おう、、、と思ったんですが、値札見て鼻血出る寸前!だいたい物価高い国でもスーパーは安いと思ってたのに、アイスランドはマジで高かったです。。。

しかも、ペットボトルの水も公衆トイレの水も中身同じだよってホテルマンに言われ。

懺悔

最後に

というわけで、アイスランドに到着後駆け足でレイキャビクの街を散策してみました。

アイスランド(レイキャビク)のおすすめランク上位ホテルはこちら

冬至2日前ということもあって、とにかく日が短い!突然天気急変したと思ったらあっという間に真っ暗になってしまいました。

一応レイキャビクの街をだいたいは一周できて満足、オーロラは全くホープレスそうだったので、翌日に博物館とか訪れようと計画を立て初日は就寝。

というわけで翌日へ続く!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事