オーロラ出現なるか?アイスランドで観測ツアーに参加してみた

アイスランドといえばその手つかずの大自然が大人気であるとともに、冬はなんといってもオーロラの観測ポイントとして有名。

世界中からオーロラハンティングに観光客が訪れます。首都レイキャビクからは多くのオーロラツアーが毎日催行されており、気軽にオーロラを楽しむことができるのが特徴。

今回、オーロラ観測ツアーの1つに参加しましたので、今後オーロラツアーを検討している方の参考にレビューします。

1. 出発前オーロラ予報

私がオーロラツアーに参加したのは、12月中旬。一般的には天気が悪いことが多く、オーロラ観測には適さないとされる時期です。

ですので、少しでも観測チャンスをあげるためににオーロラハンティングツアーに参加してみました。トップ画のようなオーロラを求め、、、

というわけで、今回参加したツアーはこちら。

レイキャビク発オーロラツアー(ロング)

かなり長い時間粘ってオーロラをなんとか見つけるという、他のオーロラツアー(3〜4時間)と比較すると時間が長く設定されています(7〜8時間)。

今回は滞在日数が少なく、しかも天気もあまりよくなかったこともあって、オーロラロングツアーに掛けてみたのですが、結果としてはこれが大正解でした。

天気予報

オーロラ観測

残念。まったくついてません。雨、雨、さらに雨が続きます。もちろんオーロラは晴れてないとみれませんので、雨ではホープレス。というわけで、市内レイキャビクでの観測は不可能ですので、やはりここはオーロラツアーに望みをかけるしかありません。

雲情報

アイスランドのオーロラ観測において、まずチェックしたいのがこちらのサイト。リアルタイム情報も含め、どの程度雲がアイスランドを覆うのか、雲の高さや厚さはどの程度なのかを知ることができます。

今回ツアーに参加する予定だった時間帯の雲情報がこちら。簡単にいうと白く抜けているところ=晴れということになります。

レイキャビク(西南)は見ての通り、真緑。つまり分厚い雲が覆っているということで、天気予報からも分かる通りの結果に。そして、運の悪いことにアイスランドのほぼほぼ全域を雲が覆うという観測条件でした。

ですが、北西部にかすかな希望がありそう。ツアー会社に確認を取ったところ、「オーロラツアーは予定通り催行」とのことでしたので、期待を託します。

太陽エネルギー予報

オーロラ予報

さらに、太陽エネルギー等からオーロラの観測の可能性を予報するオーロラ予報によると、この日はKp index 2とのこと。詳しいことは割愛しますが、数字が大きいほど太陽活動が活発で明るいオーロラが見えるということになります。

2というのは低いといえば低いのですが、観測ができないほどではない、とのこと。

2. 出発準備

オーロラ観測

アイスランドでオーロラハンティングをする一番のメリットは、なんといってもその気温。アイスランドと聞くと極寒の環境を皆さん想像されますが、実はメキシコ暖流のおかげでさほど冷え込みません。

気温もどんなに冷えても−5度程度。北米のような−20度でのオーロラ観測というようなことはまずありえないので、比較的軽装備で観測することができます。

というわけで、予報が気温高めということもあり、実際に着用したのはこの程度。上はH&Mのセーター1枚にダウンジャケット、下はスパッツとジーンズだけ、あとは小物という超軽装備でしたが特に問題ありませんでした(12月中旬)。

3. メインバスターミナルへ

最終的なツアー発着場のバスターミナルが市街地より少し離れているのですが、そこまでは送迎バスで送ってくれるので心配はありません。

ミニバス到着

アイスランド

送迎用のミニバスのピックアップ時間が18時半とのことでしたので、時間通りホテル前に待っていると時間通り迎えが来ました。

この時間になると街中に各旅行会社のシャトルバスがたくさん走っていたので、オーロラハンティングツアーのピックアップラッシュだったのだと思います。

突然雹

アイスランドツアー

アイスランドの天気は本当に気まぐれ。シャトルバスに乗るや突然超ヘビー級のミゾレが降って来ました。これからオーロラをみに行く予定なのですが、幸先不安です。

バスターミナルへ

アイスランド旅行

というわけで、バスターミナル到着。ここでオーロラ観測ようのツアーバスへ乗り換えます。

4. 観測ポイントへ!

アイスランド

ツアーバスは大型でしたが、参加者は17名ということでかなり広々快適でした。持ち帰りOKの毛布や水の配布もありました。

今回参加したツアーは、一般的な観測ツアーよりも時間の長いツアーということで、途中レストランにて軽食のサービスがありました。スープとパン簡単な振る舞いでしたが、体が温まります。

ここで、ガイドより、1時間ほど待機する旨の説明がありました。理由は、こちらの図。

オーロラ予報

この時点でのオーロラのピークがスカンジナビアの上空にあり、地球の自転を考えてあと2時間後にオーロラのピークが来る、との読みからでした。私もオーロラ観測に役立ちそうなアプリやサイトのチェックはしていましたが、やはりツアーもこのようなデータを駆使しているようでした。

5. 観測ポイント到着

アイスランド観光

車を飛ばすこと約2時間半。道中は土砂降り、豪雪、雹、からの雨と、絶望的な天気でしたが、観測ポイント直前のトイレ休憩に到着した数分後、空が晴れ星が出ました。

グーグルマップをチェックしてみるとここ(青丸)にいました。

オーロラ予報

先ほどのオーロラ予報サイトでの雲情報でいうとこの通り。さすがオーロラハンティングツアーだけあって、見事に雲の抜け目を狙って観測場所を選んでいるようです。

休憩後、こんなところバスとめて大丈夫か?というような近くの田んぼ道にバスを無理やり止め、オーロラの出現を待ちました。

6. 観測

結論から言うと、ハズレでした。天気はなんとか持ちこたえましたが、やはり太陽活動が少し弱かったようです。

とは言っても、なんとかオーロラの観測はできました。

アイスランドのオーロラ

肉眼で見ると、本っ当にうっすらと言う感じではあったのですが、カメラで撮影してみるとこのように緑のオーロラが1本綺麗に通っていました。

その後、同一地点で40分ほど観測をしました。驚いたことに、ほとんどの参加者がスマホカメラしか持っていないという感じで、長時間露光のできるカメラを持っている人はたったの2人のみ。

オーロラ

なぜか参加者は空ではなくカメラのモニターをみて喜ぶという不思議な光景が広がります。ただ、雲が多いこともあって、なかなか綺麗に撮影することも難しい環境でした。

肉眼では薄い雲?という感じで色などまではわかりません。ガイドによると、太陽活動がもっと活発だと肉眼でも色の変化を見分けられるし、オーロラが空一面にダンスするとおっしゃっていました。

そして、この程度ではガイドも満足しないようで、「今回はオーロラの観測が出来なたったということで、次回オーロラツアーに参加する際は無料」と振り替えができるようにしてくれました。深夜に8時間という超長丁場ツアーだったのにもかかわらず、振り替えを用意してくれるということで、非常に良心的なツアーでした。

個人的には初観測としては非常に満足で、特にカメラをもっていったこともあり楽しむことができました。次の機会にさらなるオーロラ爆発を期待したいと思います。

7. 最後に

ひたすら雲の切れ目を探してバスを運転してくれ、さらにオーロラを一応観測することはできたものの、次回分まで無料にしてくれたりと非常にホスピタリティの高いツアーでした。

レイキャビク発オーロラツアー(ロング)

レイキャビクの年間お勧めランク上位ホテル検索はこちらから

また、ガイドも非常に親切丁寧で、明らかに苦手そうな英語で必死に頑張ってガイドをしてくれましたし、トイレ休憩がてら天然の間欠泉に立ち寄ってくれたりと十分に満足することができました。

是非、アイスランドに冬訪れる際にはオーロラツアーを楽しんでみてください。私もアイスランド再訪する予定ですので、その際はオーロラ爆発見れるように期待しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yama

1988年 横浜生まれ。2016春よりスウェーデン南部マルメ、2017年夏より英国ロンドンに大学院留学。その間北欧ほぼ全ての都市を廻る。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光のエキスパートとしてブログを運営中。