北欧周遊旅行の必需品!スカンジナビアユーレイルパスの魅力

北欧諸国を旅行する際に、非常に便利な移動手段となるのが鉄道。いずれの国も鉄道網が発達しており、各都市の周遊旅行をする上で列車の使用は欠かすことができません。

一方、物価が高い北欧ということだけあり鉄道利用といえどもコストが随分とかかってしまうのも事実。

そこで今回はお得に北欧周遊するための必須アイテムである鉄道乗り放題切符スカンジナビアユーレイルパスの魅力を紹介していきます。

1. ユーレイルパスとは

ユーレイルパスとは、EU圏外から訪れる観光客向けに販売されている列車のフリーパス。有効期限、有効区域内であれば、列車の種類や距離にかかわらず乗り放題になります。

ローカル電車だけではなく、高速鉄道等も利用でき、また予約も不要なため突然の予定変更や気まぐれにも対応できる周遊旅行には最適なパスになります。

またユーレイルパスを持っていると、現地のバスやフェリー等その他の交通機関の割引が受けられたり、観光スポットの入場料が割引になったりと旅行者に嬉しい特典が多いのも特徴。

ユーレイルパス一覧

加盟国全エリアで使える鉄道パスだけではなく、1ヶ国〜複数ヶ国を選択できるパスなど様々な組み合わせのパスが販売されています。

2. スカンジナビアユーレイルパスとは

スカンジナビア諸国(デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン)の国鉄あるいは公立の鉄道会社、都市部を走る多くの私鉄が乗り放題になるフリーパスです。

特に、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンは地理的に鉄道で国境を超えやすいので、これら3カ国の周遊に特にメリットを発揮します。

コペンハーゲンからスウェーデンを周遊しながらオスロに抜けていくような複数ヶ国をまたぐ旅行や、各国の人気都市を周遊する場合など、旅の目的によらず使うことができます。

3. 北欧鉄道旅がおすすめな理由

北欧を訪れる多くの旅行者の方は、1カ国滞在型ではなく、周遊旅行を計画しています。

スカンジナビア諸国はそれぞれ陸続きではあるものの、オスロ、コペンハーゲン、ストックホルム間はそれぞれ約600km離れており、バスでの移動となると10時間近くかかるため身体的負担が大きく大変。

一方、飛行機の利用となると1時間程度でアクセスはできますが、金銭的な問題が大きく、また空港に早く行かないといけない、空港が市街地から離れているなどやや利便性に欠けるということがあります。

そこで、高速鉄道を使えば、バスでの長すぎる時間、高額になりやすい飛行機の利用という両方のデメリットをカバーできます。

また、鉄道の中央駅は市街中心部にあることから、大きな荷物を持っての周遊旅行でも非常に便利。まさに周遊旅行に最適な移動方法になります。

4. レイルパスの値段

スカンジナビアユーレイルパスの一般的な特徴として、27歳までのユースに対する割引が充実しているということ。ですので、若い旅行者には特にメリットが大きいパスになります。

1ヶ月のうちに3日間使用できるパスから8日間有効なパスまで、旅行日数に応じたレイルパスが販売されており、日数が大きいほど1日あたりの料金が下がります。

例えば、8日間のパスでは、1日あたり約大人5000円、27歳以下4500円。アクティブに都市を移動する旅行者におすすめです。

またパスの利用は連続日である必要はないため、毎日連続で使うことも出来ますし、1都市に複数日滞在後列車を使って移動しまた滞在というような隔日利用も可能です。

北欧1カ国のみ有効のユーレイルパスもありますが、1カ国だけでもそれなりの価格になるので(例:スウェーデンパス 1万9千円程度)2カ国以上で鉄道を利用することを検討されている方には、スカンジナビアパスのほうが圧倒的にお得になります。

5. スカンジナビアパスの特典

スカンジナビアユーレイルパスのメリットは列車乗り放題ということだけではありません。

デンマーク(ヘルシンゲル)とスウェーデン(ヘルシンボリ)間のフェリーが無料、ストックホルムとエストニアやラトビア、フィンランドをつなぐフェリーの50%割引など、海路での移動にも使えます。

他にもスカンジナビアユーレイルパスが有効な4ヶ国の一部博物館が無料もしくは割引になったり、地域のバスの割引があったりと、旅行者に嬉しい特典がたくさんあります。

スカンジナビアパスの特典一覧はこちら

スペースの都合上、全ての特典をここで紹介することはできないので、こちらのHPをご覧ください。

6. 使用例

ユーレイルスカンジナビアパスの使い方は人それぞれ、飛行機と違い事前に予約をする必要はないのでフレキシブルに旅行を進めることができます(高速鉄道のみ乗車前に駅窓口で座席指定が必要)。

例えば、スカンジナビア4日間パスを購入した場合ですが、こんな周遊旅行が可能になります(赤字日にパス利用)。

例1 北欧3ヶ国周遊(南行)

  1. 1日目 コペンハーゲン観光
  2. 2日目 コペンハーゲンを朝出発。オーデンセ、オーフスなど主要都市を周遊し、夜再度コペンハーゲンへ。
  3. 3日目 コペンハーゲンを朝出発。スウェーデンに入りマルメ観光。夕方ヨーテボリへ移動。
  4. 4日目 ヨーテボリ観光。夜ストックホルムへ移動。
  5. 5日目 ストックホルム観光
  6. 6日目 ストックホルムを朝出発。ノルウェーオスロへ移動。
  7. 7日目 オスロ観光

このような行程を組むことで、デンマークの主要3大都市、スウェーデンの主要3大都市、そしてノルウェーの首都をわずか1週間で満喫できます。日が長い春〜夏場の旅行におすすめです。

例2 北欧3ヶ国周遊(北行)

  1. 1日目 コペンハーゲン観光
  2. 2日目 コペンハーゲンを朝出発。マルメ観光後、夜イエテボリへ移動。
  3. 3日目 イエテボリ観光。夜ストックホルムへ移動。
  4. 4日目 ストックホルム観光。夜行列車にてキルナへ。
  5. 5日目 キルナ観光。オーロラ観測*。
  6. 6日目 キルナを朝出発。ノルウェーナルビク経由でトロムソへ移動。オーロラ観測
  7. 7日目 トロムソ観光。オーロラ観測
* 夜行列車利用の場合、発車時間が19時以降の場合は到着日の利用という扱いになります。

日が短い冬季には夜間の列車利用や夜行列車を利用することで、日中の観光時間を確保できます。また、冬の北欧はオーロラ観測も魅力的ですので、キルナ(スウェーデン)やトロムソ(ノルウェー)など、オーロラで有名な都市に行くルートもおすすめです。

交通費総額

27歳以下であれば、この3ヶ国周遊旅行を交通費全て合わせて約2万5千円、28歳以上の方でも約3万円で行うことができます。また夜行列車を組み合わせることでホテル代も節約できるので驚くべき低予算で北欧周遊旅行が出来てしまいます。

7. 最後に

北欧周遊旅行には列車の利用が本当におすすめです。北欧の鉄道は、他の国と比べると料金がかなり高く設定されているため、乗り放題パスがないと交通費だけでかなり高額になる可能性があります。

そのため、ユーレイルパスをうまく利用して周遊にかかる交通費を抑えることが予算を抑えるポイントになります。是非ユーレイルスカンジナビアパスを賢く使った旅行計画を立ててみてください。

スカンジナビアユーレイルパスの詳細・購入はこちら

本ブログでは、スウェーデン在住筆者が北欧周遊に関する記事を多く書いていますので、そちらも是非参考にしてみてください(ブログ上部カテゴリー参照)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です