【北欧周遊完全版】コペンハーゲンーオスロ間アクセス方法

北欧周遊旅行に大人気な都市であるコペンハーゲンとオスロ。

両都市は600km離れていますが、バスやフェリー、列車、飛行機と様々な交通機関を使用して移動することができます。

今回は、コペンハーゲンオスロを結ぶ直通の全移動方法を紹介いたします。いずれも公式ホームページより予約が可能ですので、それぞれリンクも合わせて紹介します(英語サイト)。

1. 高速バス

コペンハーゲンからオスロへは複数バス会社により運行されています。

直通バスの運行をしているのは主に以下の2会社。

  1. Nettbuss
  2. Swebus

いずれも、コペンハーゲン市街地(Ingerslevsgade)とオスロ市街地(Bussterminal)を結ぶ高速バスで、昼行・夜行ともあります。

いずれも乗り換え不要の直通バスがありますが、所要時間が8〜9時間程度かかるため、体力的にはかなり厳しい選択肢になります。しかしながら、片道20ユーロ程度から予約が可能なため、バックパッカーなど予算を最優先に考えている旅行者にはオススメです。

高速バス利用

運行会社 NettubussSwebus
所要時間 8〜9時間
乗り換え回数 無し
価格帯 20〜40ユーロ

2. フェリー

コペンハーゲンからオスロまでは高級クルーズ船も出ています。DFDS Seawaysの運行するフェリーは、船内に高級レストランやバー、プールにナイトクラブなどを備え付けた本格的な1泊のクルージングを楽しむことができます。

一番安い船室では、2名窓なしのキャビンで約230ユーロ。一人あたり120ユーロ程度で高級クルーズを楽しむことができるとあって、観光客にも大人気なんだとか。

フェリー利用

運行会社 DFDS Seaways
所要時間 約17時間
運行時間 夕方発朝着
価格帯 200ユーロ〜/キャビン(定員2名〜)

3. 鉄道

コペンハーゲンからオスロまで高速鉄道がSJ(スウェーデン国鉄)によって運行されています。デンマークとノルウェーは陸続きでは無いため、スウェーデン側を通ってオスロに向かいます。

コペンハーゲンからオスロまでの直通列車は1日3〜5本。昼行だけでなく夜行列車もあります。また、イエテボリ中央駅での乗り換えに抵抗がなければ、さらに利用可能な列車本数は増えます。

もちろんスウェーデン国鉄は、鉄道乗り放題パスであるユーレイルスカンジナビアパスも使用することができますので、鉄道を使った周遊旅行を検討している方にはこちらの利用もオススメです。

シートピッチがかなり広くまたコンセントやWi-Fiも完備しているため、長時間の乗車にはなりますが疲労感はバスと比べれば断然少なくなります。

列車利用

運行会社 SJ
所要時間 8〜9時間
乗り換え回数 無し
価格帯 45〜80ユーロ
予約方法

4. 飛行機

コペンハーゲンとオスロの直通便も以下の航空会社が運行しています。スカンジナビア諸国のフラグシップキャリアであるスカンジナビア航空だけでなく、複数LCC会社も運行しているため、運行時間帯や料金を比較しながら選択することができます。

  1. スカンジナビア航空 SAS
  2. ノルウェーエアシャトル Norwegian
  3. ワイドロー Wideroe

1番のメリットは所要時間。1時間20分程度で目的地に到着することができます。実際に利用する際には、空港と市街地のアクセスや、出発1〜2時間前までに空港に着いておく必要があるということに留意してください。

日程を調整できるのであれば、片道50ユーロから予約ができるので航空機の利用を検討する場合には、なるべく早い予約を心がけましょう。

上記3航空会社を含めた一括航空会社検索はスカイスキャナー を利用すると便利です。

飛行機利用

運行会社 上記参照
所要時間 1時間15分
価格帯 50ユーロ〜

その他北欧地域周遊

コペンハーゲン、ストックホルム、オスロの3都市をその他のルートでの周遊を検討されている方は、こちらの記事を参考にしてください。

最後に

いかがでしたか?

EU圏周遊旅行者向け格安Wi-Fiレンタルはこちら

コペンハーゲンとオスロ間の移動には、旅行の予算や目的に応じて様々なオプションがあります。

ラグジュアリー志向の方にはフェリー、格安志向の方にはバス、効率重視であれば飛行機、スウェーデンの景色を楽しみながら列車旅をしたい人には鉄道。

北欧周遊ではどう移動するかで旅行の印象も変わってくるので、じっくり計画を練ってみてください。

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事