絶対迷わない!ザルツブルグからハルシュタットへの行き方

オーストリアのザルツカンマーケグート地方に位置する世界一美しい湖畔の街、ハルシュタット。中世には黄金と同じ価値があるとされた岩塩も豊富にとれたことから、ハプスブルグ家が直轄地として保護していたという歴史のある地でもあり、現在は世界遺産指定されています。

そんなハルシュタットですが、ザルツブルグを拠点に日帰り、もしくは1泊旅行で十分回ることができる観光スポットでもあります。

今回は、ザルツブルグからハルシュタットへの鉄道を使ったアクセス方法をどこよりもわかりやすくご紹介します。

1. アクセス方法

ハルシュタットへの行き方

オーストリア連邦鉄道を使用し、ザルツブルグからハルシュタットへと向かう場合には、一見遠回りにも見えますがアットナング・プッフハイム Attnang-Puchheim駅で1回乗り換えが必要になります。

ザルツブルグからアットナング・プッフハイム駅まで約45分、そこで乗り換えハルシュタット駅までさらに1時間半ほどになります。

オーストリアの長距離列車はほぼ時間通りに運行するため安心です。乗り換えする際も列車の連絡に合わせて待機しているので焦る必要はありません。

ハルシュタット駅は村と湖を挟んだ対岸にあるので、そこからさらに渡し舟を利用して村へと向かうことになります。

2. チケット購入

ザルツブルグ駅

ハルシュタット行きの切符は出発当日でも事前にでも購入可能です。

ザルツブルグ駅構内に、オーストリア連邦鉄道ÖBBのオフィスがあります。自動券売機でも購入できますが、窓口でチケットを購入することをお勧めします(理由は後述)。

窓口の係員に「ハルシュタット Hallstatt」と伝えてください。その際、出発日とおおよその出発時間もしくは現地到着時間を伝えれば、その時間にあった列車を選んで、日程表を作ってくれます(指定ではないので、別にこれに乗ら無いというわけではありませんが、日にちは変えられません)。

片道27.6ユーロで、片道でも往復でも購入可能。片道で購入した場合には、帰りの分をハルシュタット駅の自動券売機で購入する事になります。

3. 切符確認

ハルシュタット行き方

窓口で購入した場合にはチケット、レシート(クレジットカード使用の場合)、日程表(プランを伝えた場合)を発行してくれます。A4の日程表には、出発時間と乗車する列車番号、行き先、乗り換えの駅名と接続後の列車発車時間など、ハルシュタットに向かうために必要なすべての情報が記載されています。

自動券売機を使用した場合には、この日程表がついてきませんので各自で調べるか、別途窓口で聞く必要があります。

4. ハルシュタットへのアクセス

それでは実際にザルツブルグ発ハルシュタット行きのアクセス方法をご紹介します。

a. ザルツブルグ駅出発

まずはザルツブルグから乗り換え先であるアットナング・プッフハイム駅へと向かいます。

使用列車

オーストリア連邦鉄道

使用列車はインターシティ InterCity(IC)と呼ばれる地域間を結ぶ長距離列車になります。アットナング・プッフハイム駅までInterCityで2駅、約45分になります。

プラットホーム確認

2016-09-22-07-50-46-hdr

出発当日、目的の列車番号を駅の掲示板で見つけプラットホームの番号を確認しましょう。事前に切符購入をした場合にもらう日程表とはプラットホームが変わっていることがありますので注意してください。

事前の改札はありませんのでホームへと直接向かいます。プラットホームで自分の乗る予定の列車番号と行き先が書いてあることを確認し、車内に乗り込んでください。

座席

座席は全て自由席車両ですが、一部座席にのみ事前予約がはいっています。座席番号に予約を示す名札が書いてなければ、そこは自由席という意味になります。

座席の種類は1等車、2等車のボックスタイプと通常の2列シートの3種類があり、車両ごと異なります。

  • ボックスタイプ
オーストリア鉄道
  • 2列シートタイプ
インターシティ

好みに応じて空いているところを使用してください。

b. アットナング・プッフハイム駅乗り換え

アットナング・プッフハイム駅

アットナング・プッフハイム駅についたら下車し、ハルシュタットへ向かう列車へと乗り換えをします。

乗り換え時間は時間帯によりますが大体10〜20分程度です。窓口でもらった工程表に乗り換え列車番号や行き先等記載してあるので、乗り換えの際に一致しているか確認してください。

ここから目的地ハルシュタット駅まで約1時間半です。

使用列車

ハッシュタルト行き

ローカル線として使われている各駅停車 Regionalzug に乗り換えをします。

プラットホーム確認

乗り換え案内

InterCityを降りたら駅構内の発着案内を確認し、乗り換え先のプラットホームを確認しましょう。ハルシュタット Hallstattと小さく書いてあれば正解です。

実際には通年を通して多くの観光客が乗り込んでいくので迷う事はないと思いますが、心配であればホームの駅員に確認してみてください。

始発列車ですので、急ぐ必要はありません。

ハルシュタット駅

座席

ハルシュタット

座席は全席自由の2列シートです。絶景をとにかく楽しみたいという方、最初の50分は進行方向向かって左側、残りの40分は右側に座ってみてください。山と湖のコントラストが素晴らしいですよ!

ハルシュタット駅まで約1時間半、各駅停車の旅をお楽しみください。

c. ハルシュタット駅から渡し舟

ハルシュタット駅

ハルシュタット駅に列車が到着すると、それに合わせて対岸の村へと向かう渡し舟が待機しています。片道2.5ユーロ、お釣りは出ますが現金のみですので小銭を用意しておきましょう。

結構この船に乗るまでに並びますし、通勤電車並みにびっしり人を乗せて出航するため、なるべく早く列車の駅から移動することをおすすめします。乗船後約10分程度の航路になります。

渡し舟

ここでの景色は絶景そのものです。この景色を見るためだけに列車でのアクセスを選択する価値はあります。

d. ハルシュタット村到着

ハルシュタット

渡し舟が村へと到着したら、そこが世界一美しい湖畔の村、ハルシュタットです。ちなみに帰りの船も列車の時間に合わせて運行しています。

2016-09-22-11-13-25

絶景づくめのこの村を是非堪能してくださいね!

5. 最後に

旅行を充実させるマストグッズ
 ☆スマホ用広角レンズ☆
スマホ写真を一眼レフ並に化けさせる魔法の外付けレンズ。風景にも自撮りにも使え本ブログ筆者のお薦めNo.1旅行グッズです。
何が凄いのかはこちらの記事で詳しく紹介しています!

ハルシュタットを紹介している記事は多くありますが、アクセスがしづらいこともあるのかかなりの割合で実際には行っいない人がネット上の写真を元に記事を書いています。

というわけで、今回は取材がてら実際に現地に赴いて記事を書いたのでどこよりもわかりやすいと自負しています!

ザルツブルグの年間おすすめランク上位ホテルはこちら

肝心なハルシュタットはというと、前評判通り本当に綺麗な村でした。日帰り旅行で行きましたが、是非今度は宿泊しての再訪したいと思っています。

ハルシュタット散策はこちらの記事で紹介していますので合わせてお読みください。

筆者厳選!ハルシュタット泊まるならここ!

seehotel-gruner-baum

ホテル詳細:ゼーホテル グリュナー バーム

マルクト広場の湖側に建ち、ハルシュタットの絶景を作り出している代表的なホテル、ゼーホテル グリューナバーム Seehotel Grüner Baum。湖畔側の客室からは、その美しいハルシュタット湖の景色を独占することができます。

村一番の老舗で歴史もあり、オーストリアの王室の人も泊まりに来たことがあるんだとか。誰もが泊まりたい超人気ホテルでなかなか予約が取りづらいので、なるべく早めの計画をお勧めします!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です