本当に世界一美しい!世界遺産ハルシュタット観光に行ってきた

世界遺産に登録され、世界一美しい湖畔として知られるオーストリアハルシュタット、ザルツブルグから列車で約2時間半の所にあります。

今回はそんなハルシュタットの村を、ブログを読んでくださっている読者の方にも画面上で散策していただけるように、写真を多めに取り上げてご紹介します。

*ちょっと写真が多いので読み込み時間が長いかもしれませんがご了承ください。

1. ハルシュタット村へのアクセス

ハルシュタットへのアクセス

ハルシュタット村へのアクセス方法はザルツブルグから列車、もしくはバスでいくルートがあります。

私は往復とも列車を利用してアクセスしましたので、列車を使ったアクセス方法をこちらの記事で紹介しています。実際に訪れるチャンスがあれば是非参考にしてください。

ハルシュタットの車窓

ザルツブルグからの列車内も、時間の経過とともに様々な景色を車窓から楽しむことができます。のどかな田園風景、険しい山岳地帯、美しい川沿いや湖岸を走ったりと比較的長時間の乗車ではありますが、飽きることはありません。

オーストリア鉄道

列車の到着駅では、オーストリア連邦鉄道OEBBの駅員が列車の時間に合わせて出迎えを行っていました。赤い帽子が見事にオーストリアの景色にマッチします。

2. 鉄道駅から舟渡り

ハルシュタット駅

ザルツブルグから列車で2時間半、ついにハルシュタット駅へと到着です。駅は無人駅ですが、さすがの景勝地だけあって下車する人の数はなかなか多いです。実際、ほとんどの乗客がこの駅で下車しました。

列車を降りると渡し船の乗り場まで100mほど歩くことになります。小さな渡し船に列車を降りた大勢の人が全員乗るので、ボートは通勤列車並みにかなりの人口密度になります。

もし景観のいい席を確保したい場合には、なるべく急いで船着場へ向かうことをお勧めします。

渡し舟

渡し船に乗船後はしばらくハルシュタット村までの船の旅。世界一美しいという村が徐々に近づいきて、しかもその眺めを船から見る事ができるということで気持ちが高まります。

天気が良ければ湖は大変穏やかですので、船はほとんど揺れません。非常に美しい景色のため、乗客はみなシャッターを切るのに夢中になります。

ハルシュタット

もちろん村だけではなく、雄大な山々の景色も本当に美しい限り。この大自然とこじんまりとした村の融合が世界一と言われる所以です。

3. ぶらり散策

ハルシュタット

ハルシュタット村についたら早速散策開始です。真っ先に一番いい写真がとれるという絶景スポットに行きたい気持ちを抑え、まずは村の中心部から散策してみました。

ハルシュタット

ハルシュタット村の中心部にある小さな広場をマルクト広場といい、観光客の撮影スポットの1つとして賑わっています。

周囲には多くのカフェやレストランが広場を取り囲むように並び、それぞれの建物がカラフルで美しいですね。お昼時やカフェの時間になると、テラス席は観光客でびっしり、新鮮な空気を吸いながらランチをいただくことができそうです。

ハルシュタットの家

それぞれの建物がカラフルなだけでなく、さらにきれいな花を飾っていることから街並みが明るく写ります。ヨーロッパには珍しく木造の家屋がさらに趣を出します。

ハルシュタットの家屋

マルクト広場を離れ少し歩くと、今度は日本の古屋にも見える木造の家屋群が。木の色や構造から歴史を感じます。

ハルシュタット

こちらは先ほどのポップな雰囲気とは異なり、こちらは厳かです。これらの木造建築も200年以上前からずっと残っていると考えると感慨深いものがあります。

ハルシュタットの街並み

ハルシュタット村を歩いていると、こういうカラフルでポップな家や、

木造

木造の重厚な家、

ハルシュタットの教会

石造りの教会などいろいろな種類の家屋を見ることができますが、いずれも見事に1つの村として融合しているというのが素晴らしいですね。

何か1つでもかけてはこのハルシュタット村にならない、絶妙なバランスが観光客を引きつける秘訣かもしれません。

水も驚くほどに透き通っていて、白鳥や鴨など水辺の鳥も多くみられます。

ちょっとここで一休みも兼ねて、ランチタイムにします。せっかくの湖畔の村、ハルシュタットでのランチですのでここは湖畔のレストランへ。

あとから知ったことですが、ここのレストランがあるのはゼーホテル グュリューナー バウムというハルシュタットNo.1ホテルで、ドラマなどの撮影でも使われたことがあるんだとか?

ザルツブルグ

メインルートを離れて少し路地にはいてみましょう。このハルシュタット村にあるすべての建物がこの村には欠かせないというくらい同調しています。路地に入ってもそこで見られるものすべてが素晴らしいの一言。

ハルシュタット

少し歩くとこんな細い通路が。

ハルシュタットの滝

少し登ってみると、そこには小さな滝があり、すべてハルシュタットの湖へと注いでいます。

ハルシュタットの絶景

そしてそこからみるハルシュタット村の街並みはまた格別です。少しメインルートを離れると観光客もほとんどいなくなるので、ゆっくりと静かに風景を楽しむことができます。

世界一美しい

この村ではこういう何でもない看板一つとっても何故か絵になります。

世界一の絶景

そしてついに、ハルシュタットの絶景ポイントといえばここ!という最も有名な撮影ポイントへ。そこから何気なく写真をとるだけでもまるでプロカメラマンかのような写真が撮れてしまいます。

4. 最後に

世界一美しいと言われるだけあって期待度かなり高めで行きましたが、それでも本当に美しいと感じる村でした。

今回はザルツブルグからの日帰り旅行だったので日中の顔しか見ることができませんでしたが、せっかくならゼーホテル グュリューナー バウムに宿泊して観光客が帰り静まり返った夜の姿やライトアップされた姿も見てみたいと思いました。

ツアーで訪れることも可能ですが、美しい景色を見ながらゆっくりと散策をするのが楽しい村なので、是非ご自身でザルツブルグやウィーンから足を伸ばしてみてください。

ザルツブルグの年間おすすめランク上位ホテルはこちら

季節によってみせる姿が違うようですので、次回は冬にまた機会があれば尋ねてみたいと思います。写真では伝わらない美しさがありますので、みなさんもハルシュタットをご自身の目で見てみてくださいね!

筆者厳選!ハルシュタット泊まるならここ!

seehotel-gruner-baum

ホテル詳細:ゼーホテル グリュナー バーム

マルクト広場の湖側に建ち、ハルシュタットの絶景を作り出している代表的なホテル、ゼーホテル グリューナバーム Seehotel Grüner Baum。湖畔側の客室からは、その美しいハルシュタット湖の景色を独占することができます。

村一番の老舗で歴史もあり、オーストリアの王室の人も泊まりに来たことがあるんだとか。誰もが泊まりたい超人気ホテルでなかなか予約が取りづらいので、なるべく早めの計画をお勧めします!

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Shun

1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

RELATED POST関連記事