Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や旅行に役立つ情報を紹介。

                    

スウェーデン人の味覚はおかしい?「カッレスキャビア」にトライ!

      2016/05/25

スウェーデンの食品

スウェーデンには「カッレスキャビア Kalles Kaviar」という魚卵ペーストがあり、日常的に朝食やおやつとして食べられています。

ですがそのカッレスキャビア、スウェーデン以外の国の人にはその美味しさが全く分からず、「マズい」と世界中から箔を押されていたりします。

今回はそんなカッレスキャビアをご紹介します。

スポンサーリンク

1. カッレスキャビアとは

カレスキャビア

カッレスキャビアとはスウェーデン人に言わせると「スペシャルなスウェーデンのキャビアペースト」、スペシャルでみんな大好物なんだとやたらと強調してきます。

チューブに入って売られており、色はピンク、強いて言うならば少し塩気の少ないタラコペーストのようなものです。

どんなに小さいスーパーやコンビニでも必ず置いてあるので、スウェーデン国内で大人気だというのは間違いなさそうです。

2. 食べ方

カレスキャビア

カッレスキャビアの定番の食べ方はクラッカーやパンの上にゆで卵のスライスを置き、その上にチューブを一絞りするというもの。いたってシンプルです。

3. 味

カッレスキャビアはスウェーデン人の大好物。私もスウェーデンに住むようになってから、同僚から勧められて休憩時に食べたり、自分で購入して食べたりしてみました。

カッレスキャビアの販売元であるAbbaという大手食品メーカーが、各国に出張し、カッレスキャビアを現地の人に試食してもらうという面白いCMを出しているので、私の個人的なコメントは後回しにしてまずはそのCMを見てみましょう。

スイス人の場合

んー。。。地理的に近いスイスの方々にもかかわらずみなさん渋い反応。味のコメントに困っているときに「Fantastic?」と聞かれて、即答で「No」と答えるあたりが心境を物語っています。

日本人の場合

なんとAbba、東京にも試食会をしに来ていました。その時をネタにしたCMがこちら。日本人は味覚に多様ですから受け入れてもらえると思いきや、、、嫌悪な表情を隠すこともできません。

4. 最後に

はい。はっきりいってマズいです。少なくとも美味しくはないです。よく言えば生臭くてしょっぱいクリーム、悪く言えば金魚の練りエサという感じで、どうにも食が進みません。1回分使い切りの小さいサイズのものも売っているので、スウェーデンに来たからには食べてみたいという方はトライしてみてください。

やはり味覚というのは、その土地で育つ独自のものなんだと改めて思います。スウェーデンでキャビアを買う時はペーストになってしまったカッレスキャビアではなく、本物の絶品キャビアを買いましょう。こちらは喜ばれること間違い無し!