Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や旅行に役立つ情報を紹介。

                    

スウェーデンの生活で最も大事な「フィカ Fika」文化の基本

      2016/04/20

北欧フィーカ

北欧スウェーデンを訪れる際には是非楽しんでほしいフィカ(コーヒーブレイク)文化。スウェーデンは世界で最もコーヒーを消費する国ということをご存知でしたか?コーヒーの美味しいスウェーデンにおけるコーヒーブレイクの文化は、他の国とはちょっと違う重要な意味合いがあります。フィカを知ればスウェーデン人のことをますます知れるかもしれません。

スポンサーリンク

1. フィカ Fikaって何?

スウェーデンでお茶をすることをFika(英語でいうところのCoffee break)といいます。このFikaの伝統・文化をとにかく大事にしているのがスウェーデンなのですが、そこにはただコーヒーを飲むというだけではなく重要な意味合いがあります。

Fikaの文化はとても伝統があり儀式化されています。コーヒーを飲みながら甘い焼き菓子やケーキ、シナモンロール、オープンサンド等をいただくのですが、ほとんど100%のスウェーデン人がこのFikaの時間を1日に複数とります。

特に、暗黙の了解があり朝の10時と午後の3時はほとんどの人がFIkaをしているため、電話をしても基本的には出てくれません。仕事より、趣味より大事なのがFikaなのです。

2. スウェーデン人は全員Fika教信者

スウェーデン人は基本的にはキリスト教徒や無宗教の人が多く、移民を中心にイスラム教徒の割合も増えてきています。ですが、多様な文化を抱えるスウェーデンであってもこのFikaというものに関しては統一見解があります。1つ面白いものを見つけたので見てください。

スウェーデンのフィカ文化

“Fika is a religion in Sweden.” By Andaç (a master student at Uppsala Univ.) 

スウェーデンにいる人は皆、Fika教の信者。1日の始まり、途中、そして終わりもFika。お祈りの代わりにFika。様々は信教や文化の背景があってもFikaへの思いは1つです。

3. Fikaの目的

多くの国でもコーヒーブレイクはとりますし、デスク脇にコーヒーを置きながら仕事をすることも一般的です。ですが、スウェーデンでのフィカは少し意味合いが違います。

フィカの目的はコーヒーブレイク+コミュニケーションなのです。よって同じ時間に仕事の同僚や家族、友人と1つの部屋に集まり、コーヒーやお菓子を食べながら雑談をしたり週末の予定を立てたりして会話を楽しむことが目的です。

仕事の上司や部下、教員と学生等身分や立場は関係ありません。仲間として会話を楽しむ、これが大事なのです。これによって職場での意思疎通がより進んだり、意見を自由に言える雰囲気を作り出したりと、いい効果がたくさん生まれます。

4. 北欧女子・男子とデートする方法

デートにも最適のFika

Fikaにはもう1つ嬉しい効果があります。例えば日本で好きな人をデートに誘う時、プレッシャー色々ありますよね?どこの店に行こう、何着て行こう、デートコースどうしよう等等、、、

スウェーデンではその心配はありません。まず気になる人がいたらFikaに誘えばいいのです。喫茶店でのFikaはデートの口実に最も使われる常套手段であると同時に最も気軽な誘い方、誘う方にも誘われる方にもカジュアルでありがたいのです。ここで会話が弾めばお互いの理解が深まり次のステップへ進めるかもしれません。

Fikaの誘い方

簡単です。スウェーデン語でSka vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)といいましょう。慣用句になっているのですが日本語で「お茶しない?」という意味です。まずNoと言われることはないと思いますよ。

5. 最後に

いかがでしたか?コーヒー最大の消費国スウェーデンでのFika文化を知ることで、スウェーデンを訪れる際により楽しみが広がると思います。スウェーデンはコーヒーが美味しい国で有名ですので、ちょっと疲れたら美味しいコーヒーとお菓子で一息つきましょう!

もしスウェーデンで学校に通ったり就職したりする際には、いくら忙しくてもFikaの時間に参加しないと「スウェーデンのこと嫌いなのかな?」「私たちのこと嫌いなのかな?」と誤解されてしまいますので、Fikaを最優先してくださいね!