手軽に贅沢?北欧土産に格安絶品「キャビア」はいかが?

海外旅行の醍醐味の1つでもある現地の食材探し。スウェーデンを始め、北欧諸国ではいわゆる「キャビア」が大人気。

しかも色々な種類のキャビアが売られており、しかもとてもお手頃価格なので日本にお土産として持ち帰ればずいぶんと喜ばれるかもしれませんよ!

ちなみに日本で「マズい」と紹介されているチューブ入りカッレスキャビアとは違うのでご安心を!

1. 北欧諸国の「キャビア」とは

キャビアというとすごく高くて高級でなかなか気軽に手に取れるものじゃない、なんて思われる方が大半でしょうか。

事実、キャビアというと日本では「チョウザメの卵で高級品」というイメージがあると思いますが、一般的には「キャビア」というのは魚の卵全般を指します。ちなみに「イクラ」というのはロシア語で「魚の卵」という意味だそうで、キャビア=イクラ=魚の卵ということになります。

「なーんだ、キャビアっていっても違うじゃん」とがっかりするのはまだ早いですよ。見た目も高級感があり、しかも味もなかなか。ちょっとしたネタとしてもおすすめです!

(チョウザメの卵だと騙そうと思えば全然出来てしまいそうですが、あくまで自己責任で。)

2. キャビアの購入場所

キャビアの瓶詰め

普通のスーパーの冷蔵コーナーで、ニシンの酢漬けやエビ等と一緒にずらっと並ぶのがキャビアの瓶詰め。スウェーデンでは朝食や軽食に使う食材として定番中の定番です。

そのため、小さなスーパーから大きなマーケットまでどこにいっても必ず置いています。小さなコンビニのようなところでは大体2〜3種類、大きなところでは10種類以上のキャビアが揃えられています。

大体1瓶で15〜30SEK (日本円で200〜500円程度)とお買い得です。

3. 食べ方

2016-05-10 19.16.19-2

キャビアの食べ方は色々ありますが、一番の定番はビスケットやパンの上にチーズやサワークリームと一緒に食べるというもの。高いものではないので、結構贅沢に乗せて食べられます。スウェーデン留学中の私にとっては、定番の朝食だったりします。

4. バリエーション

スウェーデンのキャビア

このように瓶の蓋にはどれも「Caviar」と書いてあるのでとてもわかりやすいです。キャビアということに疑いはありません(チョウザメではないだけです)。

色々なバリエーションや味付けがあるので一部をご紹介します。

キャビア

黒キャビア

スウェーデンのキャビアサンド

食べ方のところで紹介した黒いキャビアです。ランプフィッシュの卵で、北欧でキャビアというとこれが一番の定番品、スーパーやコンビニ等どこでも売っているものになります。

チョウザメのキャビアの代用品としても使われており、チョウザメのキャビアとほとんど変わりません(といっても本家の味はそんなに知りませんが、、、)。プチプチとした食感で、適度に塩辛くチーズと相性抜群。パスタ等にも使えます。初めての購入ならこれが最優先です。

赤キャビア

赤キャビア

こちらは赤いキャビアで、鮭の一種からとれます。黒キャビアよりも粒が小さく、日本でいうところの飛びっ子に近いものかもしれません。こちらもチーズとの相性がよく、黒キャビアと同じような使い方ができると思います。ご飯にも実は合ったり。

白キャビア

白キャビア

タラの魚卵である白いキャビア。白キャビアはさらに粒が小さいことが一般的です。少し塩気が弱めでさっぱりめなので、薄味志向の方にはいいかもしれません。食べ方は他のものと同様です。

緑キャビア

緑キャビア

緑キャビアは白キャビアに人工的に味をつけたものになります。味はというとなんと「わさび風味」。お酒のつまみになるかもしれません。私個人的には「うーん、、、」という感じ。

赤大キャビア

スウェーデンのイクラ

私が街中で見かけた中で一番の高級キャビアがこちら。キングサーモンの卵で日本のイクラとそっくりです。50gで55SEK(約700円)とやや他のキャビアと比較すると高いですが、日本でもキングサーモンのイクラって言ったらかなり値が張るので、それと比較するとむしろ安いくらいかもしれません。

味もイクラそのものなので、海外にいながらいくら丼なんかも作れます。実際には、生食用のサーモンを手にれることで鮭いくら親子丼を作ることもできるのですが、それがまた絶品。こちらの記事で紹介しています。

5. 最後に

いかがでしたか?スウェーデンなど北欧諸国にきたらキャビア三昧なんていうのも夢ではありません。

冷蔵保管が原則ですので夏場などにお土産として買うのは少し対策が必要ですが、もともと塩気の強いものですし、直通便ですぐ帰国して冷蔵庫に入れられるのであれば特に問題はないと思います。

実はAmazonでも数は少ないですが、本物のキャビアに混ざって代用品として取り扱いがされていました。

ビスケットに乗せて食べるだけでなく、酒のつまみにそのままスプーンで、なんて贅沢なことも出来ます。是非北欧の味覚を楽しんでみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYama 北欧留学中をフォローしよう!

気に入ったらシェアお願いします!

5 件のコメント

  • 旅先でこういったものを手に取るには少し勇気がいるのですが、分かりやすい写真と解説で、早速お土産リストに加えました。
    滞在中、ホテルに缶詰め状態になりそうなので「キャビアの食べ比べ」をしたいと思います。今から楽しみです!

    他にもスーパーのおすすめ惣菜などあれば、教えていただけると嬉しいです。

    • コメントありがとうございます。
      僕は結構好きです。特に黒いのはチーズやビスケットなどにも合って美味しいですよ。一応要冷蔵ですが、塩漬けになっているので日本に帰る程度の時間であれば大丈夫だと思います。
      記事のアイデアありがとうございます。調理が出来るのかどうかでも変わってきますが、定番どころでいうとニシンの酢漬けが物凄い種類豊富でトライの価値はあるあもしれません。

  • お答えくださり、有難うございます。早速調べてみたいと思います。これからも記事の更新を楽しみにしております。もしかしたら、また質問をさせて頂くかも知れませんが、気楽に答えてやってくれると嬉しいです!

  • すみません、質問なのですがスウェーデンではサンタクロースはどのような扱いなのでしょうか。
    また、サンタクロースにまつわる逸話や文化、イベント等はあるのでしょうか。

    素敵な記事が多く、中でもスウェーデン関連の記事は見ていて新鮮で、一気に拝見させて頂きました。

    Fikaの文化や男女が対等な関係にあり、レディーファーストの概念が無い事など、知らなかった事を知る中で、不意に北欧と言えばサンタクロースというイメージが浮かび、コメントさせてもらいました。

    何時でも構いませんし、気が向かれたらで構いませんので、またお答えしてくれると幸いです。

    • 白玉さんコメントありがとうございます。北欧記事読んでくださって大変嬉しく思います。

      僕もさほど詳しいことは知りませんが、クリスマスはこちらでも日本でもあまり変わりません。強いて言うならカップルのためではなく家族のためという感じでしょうか。
      現在ではサンタクロースの扱いは日本とほとんど同じです。

      ですが、スウェーデンの伝統的なサンタに関する言い伝えだけを見てみると民間伝承があるようです。
      スウェーデンではサンタクロースのことを「ユールトムテ」といいます。クリスマスマーケットなどで長いヒゲを持ち赤い帽子を深くかぶって顔を隠した人形が売られているのを見たことはありませんか?トムテは、長いヒゲと4本指の足が特徴的な農家の妖精とされ、北欧文化のカテゴリー内記事で紹介しているトロールの一種です。
      スウェーデンは元々はキリスト教の国ではなかったのでクリスマスというのもはありませんでしたが、冬至の時にこのユールトムテが家に遊びに来るというような言い伝えがあったようです。その後キリスト教が広く普及してきた際にユールトムテをサンタクロースと見なすようになったそうです。

      「ユールトムテ」とGoogle等で調べてみると色々情報が見つかると思いますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Yama

    1988年 横浜生まれ。2016春よりスウェーデン南部マルメ、2017年夏より英国ロンドンに大学院留学。その間北欧ほぼ全ての都市を廻る。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光のエキスパートとしてブログを運営中。