Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や旅行に役立つ情報を紹介。

                    

出産祝いのプレゼントに嬉しいフィンランドからのおすすめ贈り物

      2016/09/14

出産祝い完全版

日本で出産祝いといえば絵本やベビー服なんかがありますよね。フィンランドの出産祝い(正確には妊娠祝い)ってどんなものかご存知ですか?なんとフィンランドでは、ベイビーボックス(フィニッシュベイビーボックス)と呼ばれる出産祝いが出産の前の妊婦全員に政府より贈呈されています。

フィンランドから届くムーミンのベイビー・マタニティーグッズ!

そんなベイビーボックスが、フィンランドの3人のお父さんによって日本でも買えるようになりましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. もう迷わない!出産祝いで絶対に喜ばれる完全版

フィンランドは世界で乳児死亡率が最小の国で、それを支えたのがフィンランド政府の育児政策です。なんと75年も前からフィンランド政府は妊婦さんに”出産祝い”として育児用品一式を贈呈していたのです。そしてこれが世界最低の乳児死亡率の貢献に役立っていると言われています(詳細については記事最後の追記部分を読んでください。)。

出産を控えたママや出産祝いに

フィンランド政府から妊婦さんへ贈呈されるベイビーボックスの中身は、約50種類の生後9ヶ月までに必要になる品々一式です。50種類!実際にはこんな感じで送られてくるようです。

その中身は毎年若干変更されるようですが非常に充実しています。

出産祝い完全版

なんと、ベイビーのニット製のミトン、ハット、マットレス、シーツ、寝袋からお風呂用温度計、爪切り、そして、授乳させるお母さん用に再利用可能のブラパッドなどなど、その網羅の範囲がとんでもなくすごい。これは初めての赤ちゃん誕生前に貰えたら妊婦さんとしてはこれほど嬉しいものはないんでしょうか。内容はこんな感じです。

出産祝いプレゼント

そして、そのベイビーボックスが3人のフィンランド人お父さんによって日本でも購入することができるようになりました。フィンランドのお父さんが立ち上げた会社ということで、フィンランドから直送になりますが、送料は無料です。

出産祝いとしてこれをプレゼントしたら喜ばれること間違いなし!事実、この記事で紹介する前に親戚の出産時に家族全員からということで送ったのですが、大変喜んでもらえました。

2種類のベイビーボックス

ベイビーボックスのバリエーションは2種類、基本的に入っているものは51種類で同じなのですが、デザインが違います。やっぱりフィンランドからということでムーミンのデザインが入ってる方が可愛くておすすめです。

ベイビーボックス

外箱にも意味がある

この外箱ですが、フィンランドではベッドとして使われるそうで、実際にほぼ全てのフィンランドの子供は生後しばらくこの箱の中で眠るとか。詳細はこの記事最後の追記部分をご覧になってください。

出産祝いの箱

2. 3人のお父さんとは何者?

フィンランドでは当たり前のベイビーボックスですが、私もつい最近まで知りませんでした。そんな中、この3人のお父さんがこのベイビーボックスをフィンランドの主要輸出品にしようと立ち上がったそうです。笑

なんと海外ではニュースになっていました。

出産祝いにおすすめ

We have all been very taken with the package, with how great it is and how good a job Kela(the Social Insurance Institution) has done in gathering the items. Of course we also think that Finnish baby products are the best in the world.

創設者である父 Anssi Okkonen

フィンランドは子供にも老人にも優しい福祉国家で知られていますが、このベイビーボックスシステムを見てもいかに育児支援が進んでいる国かがわかりますよね。

3. 最後に

いかがでしたか?是非お友達やご親戚に妊婦さんがいらっしゃったら、フィンランド直送のベイビーボックスを出産祝いとして届けてあげてください。一人でこれをあげる勇気は、、、という方は仲のいい友達全員から、のように複数人で1つ送ると費用も抑えられて一石二鳥だと思います。絶対に喜んでもらえると思いますよ!

詳細や購入についてはこちらの公式サイトをご覧になってください。

フィンランドから届くムーミンのベイビー・マタニティーグッズ!

追記

なんとその後BBCニュースがこのフィンランドの育児制度について書いた記事を見つけました。そしてその中でこのベイビーボックスがフィンランドの育児事情にどのように影響を与えたのか詳しく書かれていました。それについて日本語で紹介した記事を書いたので合わせてご覧ください。