Fika i Sverige

北欧スウェーデンで海外留学中。留学準備や英語(IELTS)対策、北欧雑貨を含むスウェーデンでの日常や北ヨーロッパ旅行に役立つ情報を紹介。

                    

1週間からの挑戦!海外短期留学に踏み出すべき5つの理由

      2016/08/27

海外留学

最近よく言われるのが、日本人の若い人が海外へ行かなくなったという話。その理由は、就職活動に不利になるかもしれない、というものから時間がない、お金がない、海外に興味がない、等多岐にわたります。そんな一方、お隣韓国や中国からは物凄い数の学生が世界に飛び立っており、日本人留学生というのはもはやマイノリティーになりつつあります。

ですが皆さん、確かに年単位の留学であれば負担が大きいのはわかりますが、1〜2週間の短期の留学ならハードルは高くないはず。今回は、そんな短期留学の魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

 1. 世界観を広げる

第一に、日本にいては決して見ることの世界を知ることができます。特に語学留学等の場合は、1つのクラスに世界中から人が集まるので、文化や宗教の違いはもちろん、性格の違い、価値観の違い、多くの違いに直面し、お互い受け入れるということが必然的に起こります。事実、私も日本人として、日本のことを本当に色々聞かれました。

それによって世界により興味が出ると同時に、日本の良さにも気づきより母国への誇りが増すことでしょう。

また、せっかくの海外生活なので、色々現地の生活に入り込んだり旅行に行ったりと、毎日が新しい経験の連続になるはずです。それは必ず将来自分の糧になります。

2. 世界中の友達の輪を作る

短期留学

短期留学の1番の目的とも言えるのが、海外の友人を作ること。皆異国から同じ目的を持って1つのクラスにあつまるため、友達になるのはいたって簡単です。

実際私も、本留学前に行った2週間のアイルランド短期留学中にスロバキア人、イタリア人、アルゼンチン人、スペイン人等色々な国籍の友人と出会い、今では皆遊びに来るときは必ず連絡して!家泊まっていいよ!と言ってくれます。日本にいるとなかなかそういうつながりを持つことが難しいですが、それをわずか1、2週間で作れるというのは貴重そのもの。

今後の海外旅行の際にはホテル探しが無用になるかもしれません。

3. 一生の日本人友達を作る

せっかく留学をしてるんだから日本人とは全くコンタクトを取らなかった、あえて避けていた。こんな話を聞きます。確かに海外にいっているのでずっと日本人と話しているのは勿体ないですが、だからと言って嫌いになる必要はありません。

同じ苦労を共にしたり、たまには愚痴を言ったりする友人も必要です。また知り合った日本人から逆に海外の友人を紹介してもらったりと人脈を広げるきっかけにもなるでしょう。

実際、有名な留学先にはイタリア人やスペイン人、ブラジル人など多くの留学生が集まってきますが、結局言葉が同じ人たち通しで固まるというのはどこでも見られる光景です。

むしろせっかく異国で出会った日本人の友人こそ、大きな思い出を共有する分、帰国した後も関係を続けられる一生の友達になれると思います。

4. 英語に多少慣れる

こちらの記事でも書いていますが、正直1〜2週間の留学が英語力に与える影響はたかがしれています。

もちろんペラペラになるだの、なんでも聞き取れるようになるだのそんな甘いことはありませんし、英語力上達の実感を持つのも難しいかもしれません。

ですが、一方で確実に英語を使う機会はありますし、英語を使わないと生活ができませんので、英語への恐怖心等は多少軽減されるはずです。また海外の友人と話したりするのももちろん英語を使うことになりますので、多少慣れるということはあると思います。

実際、いろいろな出身国の学生が集まりますが、英語が全くダメな人や苦手な人も多いです。日本人がよく言う偏見で「ヨーロッパの人は英語みんな話せるからねー」というのがありますが、全くそんなことありません。特に、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン等の国の人は、イギリスやアイルランドにみんな語学留学をしたり勉強したりしてなんとか習得しているような感じですので、日本人の英語レベルと大して変わらない人も多くいます。

そういう人たちともクラスが同じだったりして仲良くなると、クラスで話すだけでなくホームパーティーをしたり旅行に行ったりと、お互いすごい簡単な単語と文法、間違いを気にせずなんとかコミュニケーションを取ろうとするので、確実に英語の実用力がつくというのはあると思います。

5. 海外旅行より安い

foreign-trade-62743_960_720

そして最後に現実的な話ですが、海外旅行より場合によっては安くなります。

というのも、イギリスやアイルランド、カナダ等英語圏は基本的に物価が高く(ここではフィリピン等は格安国は考慮しません)、旅行でホテル住まいをするとどうしても費用が嵩んできます。一方語学留学の場合、ホームステイやスチューデントアコモデーション(学生アパート)等への滞在も可能なため宿泊費を大幅に抑えることができます。

例えばアイルランド留学の場合ですが、ホームステイや学生寮だと大体200ユーロ/週、1ヶ月以上滞在の場合も家賃が400ユーロ/週程度で済む場合が多く、さらにルームシェアともなるともっと安くすることができます。また食事もホストファミリーが提供してくれたり、自炊やシェアが出来ますので、食費も浮かせることが可能です。一般的に語学学校の授業料はさほど高くない(週1万〜3万程度)ので、普通に1週間旅行をする場合と比較したら語学留学の方が安いなんていうことがしばしば起こり売ります。

最後に

いかがでしたか?私のおすすめとしては、1週間の短期留学でも大いに意味があると思っています。短期留学の目的は英語上達の1つではありません。もっと大きく将来役にたつメリットがたくさんあります。是非、忙しい方は1週間でもいいので世界へ一歩踏み出してみてください。

自力での情報収集が難しいという方は、こちらの業界最大手のサイトが役にたつと思います。

ヨーク国際留学センターなら、あなたにぴったりの留学プランをプロがご提案

短期から長期の留学まで幅広く情報を持っており、また資料請求や留学相談、イベント等無料で提供しているので一度見てみてください。私が色々調べて、過去に唯一資料請求をしたことがあるサイトになります。

多くの人が世界へ飛び立ち貴重な経験をされることを願っています!