IELTS Readingスコア5.5→8.5を半年で達成した僕が考える英語の勉強法・参考書

IELTS対策をしている方は皆さんは、少なからず勉強方法に悩んでいますよね?

私もものすごく悩みました。私自身、自分の勉強方法に試行錯誤しながら10冊以上もテキストを買いましたが、実際のところそのほとんどが殆ど手をつけないまま放置してしまったという過去があります。

今回はそんな経験を元に、IELTS対策(この記事では特にリーディングセクション対策)に役に立ったと思えるおすすめ学習教材と学習方法を紹介いたします。

リーディングはバンドスコア5.5(2015/4)→8.5(2015/11)まで約半年でバンド3.0上げていますが、これからご紹介する本、方法でしか勉強していません。

IELTSのスコア

スコア=読解力×英単語力で決まってきます。リーディング対策に関しては、参考書の使い方が特に大事ですので、その方法もご紹介します。

この記事はおかげさまで非常に多くのアクセスと100以上のコメントを頂いています。全ての質問にお答えさせていただいていますが、記事内では書けなかったような内容も豊富ですので、是非コメント欄もご覧ください。
 

1. 学習計画の目安

勉強時間

英語の勉強に限りませんが、具体的な時期の目標がないのに効率的な学習は見込めません。

私のケースでは2014年の12月に始めてのIELTS本試験を受け、その時点での自分の実力に愕然としつつ、本気で勉強する決意をしました。ただ、この時点では仕事が本当に忙しく、毎日帰宅が夜の10時以降という生活でしたので、実質勉強を始められたのは新年度始まった4月からです。

出願時期は2015年の12月でしたので猶予は8ヶ月。正確に言うと、試験の結果が手元にないといけないので11月前半までには目標スコアを取得する必要がありました。

2014年12月の時点でオーバーオール5.5、いわいる並みの4年生大学卒業生と同じレベルというところからのスタート。一方目標は出願最低レベルであるオーバーオール6.5(全セクション6.0以上)というもの。つまり実質約半年の間にオーバーオール1.0をあげる必要がありました。

一般的に言われているのが、オーバーオール0.5あげるのに勉強時間200~300時間という基準ですので、単純計算して月に50時間は勉強に当てないと間に合いません。この焦りが自分を追い込む事に少なからず貢献したように思います。

いずれにせよ、自分にはあとどのくらい時間が残されていて、その間にどの程度勉強すれば目標スコアに到達するのかを計算するところがスタート地点です。

ちなみに実際のところどのくらい時間がかかったのか、私のケースを考察したのでよろしければこちらもお読みください。

2. バンドR8.5獲得者のリーディング対策おすすめ参考書

といいつつ早速で申し訳ないのですが、リーディング対策としては特別な対策本はいりません

私が推奨しているのはIELTS公式過去問集3冊(テスト4回分)+アカデミック英単語向け英単語帳1冊の計4冊体制による勉強法です。

私自身、もちろんこの4冊体制のみで半年間の勉強期間の間にリーディングスコア5.5から8.5まで引き上げることに成功しています。

ケンブリッジ出版公式IELTS過去問集

これはいうまでもなく「絶対」必要です。今から学習をおこなう方はIELTS公式過去問集10-12の3冊を必ずそろえてください。過去問集を使った学習方法については後述します。

ちなみに、いくら余裕があっても8以前は問題レベルが現在の試験レベルより随分と簡単な気がするのであえて手を出す必要はないかと思います。

10〜12のの3冊を手に入れるだけでも過去問の長文パッセージを30本近く解く事が出来るので、後述する精読・多読をこれらパッセージにしっかりと行えば、確実に力がつきます。

また市販の参考書等のリーディングもやる必要はありません。日本語テキストの場合は特にそうですが、設問形式が違ったり問題の難易度が随分と優しく作られている傾向があるので、はっきり言って時間の無駄と言わざるをえません。

また、ネット上には様々なIELTSサイトやブログやサイトなどがあり、IELTS講師を謳う方が様々な参考書を売ろうと必死になってたりします。

繰り返し言いますが、リーディング対策は公式問題集だけで充分。この記事で紹介した勉強法のみでスコア8.5まで取れましたので間違いありません。

余計な本に手を広げすぎない事が、効率のいい学習へと繋がるキーでもあります。

IELTS過去問集最新版 12を手にいれよう!

ケンブリッジ出版から出される公式過去問集IELTS12がついに発売されます。従来同様、発売直後は当面在庫切れが続くことになることが予想されますので、入手を希望する方は早めの予約をお勧めいたします。

実践IELTS英単語

この単語帳については使いやすさ等賛否両論ありますが、私はこれ一冊を信じました。結果論ではありますが、まったく問題なかったですし、あまり使いづらいと感じたこともありませんでした。

また、この単語集はIELTSの過去問を中心に作られているので、上記の過去問集と並行して使っていくと結構覚えた単語がパッセージに出てきたりしてモチベーション上がります。

ちなみに最後の1章はまったく知らない単語ばかりで、しかも覚える時間も全く無かったのですが、それでも8.5取れたのでそこまで力を入れなくてもいいのかもしれません 。

他に最近出た単語帳に4400もあります。基本的には3500と掲載されている英単語レベルは同じです。英熟語が別に1100掲載されているので4400と数字は大きくなっています。

どちらも内容的にもレイアウト的にも大差ないので好みの問題になるかと思います。

その他単語集

他にはToefl対策での定番単語集であるTOELF英単語3800、あるいはTOEFL必須英単語5600なんかも選択肢としてはいいと思います。

ですが、IELTSの試験ではTOEFLほどの専門用語は出てこないので、例えば3800を使うのであれば最後の2章は覚える必要ありません。

将来的にTOEFLの受験を考えている、もしくはまだどちらの試験をメインにするか迷ってる方はTOEFL用の単語帳を使いましょう。ちなみにDuoや聞くタン、システム英単語等の大学受験向け単語帳はオススメできません

繰り返しになりますが、過去問集3冊+アカデミックな単語集1冊、これでIELTSのリーディング対策は十分です。

3. 読解力を鍛える英語学習法

ここからがこの記事の本題。私が半年間でスコア5.5から8.5に上げた際の学習方法を紹介します。

またこの方法をしっかりと行った多くの方からスコアアップの報告を受けているので、効果は間違いないはずです。労力は伴いますが、確実に実力につながるので是非トライしてみてください。

a. 英単語暗記法

実践IELTS英単語3500を私は以下のように使いました。

まず1日40単語~100単語ペースで(2~5ページ)とにかくページを進める。覚える努力はしますが、別にその場で完璧に覚える必要はありません。大事なのは、1日100単語というペースを守ることです。

そして、1章(500単語)を1週間で終わらせる。そしたらその章を最低5周する。5周終わった時点でそれでも覚えていない単語にチェックをつけ、今度はその単語だけをまた100個/日ペースで覚える努力をする。

単語学習の鍵は、とにかく同じ単語を目にする機会を増やすということです。私は慣れてきた頃には1日1時間くらいで500単語程度をざーっと眺めてあいまいな記憶を少しずつ固めていきました。

たまに「1日20個前後をじっくり確実に覚える」なんていう人を見ますがこれは絶対に逆効果です。

・ページがなかなか進まない→モチベーション下がる
・先に進めば進むほど前に覚えた単語から忘れる
・いつになっても難易度の高い単語に慣れない

単語暗記はじっくり時間を使ってやるものではありません。その場で覚えるのではなく、何度も目にすることで馴染ませるという単語暗記法を行ってください。絶対に英単語暗記が効率的に進むよう脳科学に基づく勉強法についてこちらの記事で詳しく説明しています。

b. 読解力と速読力の向上方法

まず、リーディングはIELTS本番試験を想定して、まずは時間を計って(20分)長文1本を解きましょう。しかし大事なのはそこでの自己採点ではなく、その後に行う精読と多読です。

この精読が読解力向上に、多読が速読力向上に、決定的な影響を及ぼしてきます。

読解力向上のための精読

行う順序は以下の通りです。

  1. わからない単語は全て調べ覚える(日本語で本文中に書き込むのはNG
  2. 本文中に使われている同義語をチェック
  3. they, it, that等の代名詞が何を指すのかをチェック
  4. But, However, Although, While, Whereas等の逆説を示すマーカーにチェック
  5. SV構造、構文、関係詞、複数形・単数形と動詞の活用、Phrase of Verb、特定の前置詞を取る動詞等をマーカーやカラーペンを使って徹底的に理解

時間の目安は1本の長文に対して最低でも1〜2時間程度になると思います(現在の語彙力による)。そしてこれだけでも過去問集がかなりやり込んだ風になってきます。

実際に精読を行う際には、あわせてこちらもお読みいただけるとなぜ精読がいいのか、どう進めるのかを理解いただけるはずです。

私の精読後のテキストをサンプルとして紹介するので、参考にしてみてください。精読初期に使っていたテキストなので、日本語で単語の訳が書いてある部分がありますが、これは真似しないでください。後で多読をする際に後悔します。

IELTSの勉強法

速読力向上のための多読

精読後は次に多読の段階に入ります。この多読の回数が多いほど、速読力が自然とついてきます。これにはリスニングの設問を速く読む力にもつながってきます。

  1. 精読後もう一度問題を解く(ここで間違う場合には精読が不十分)
  2. 全て設問を解けるようになったら毎日繰り返し多読
  3. 1パッセージ3〜5分で読めるようになるまで訓練(250-300words/分目標)
  4. 多読と並行して新しい精読を最低週2回は行う。
  5. 過去問3冊分全て精読をした後は目標スコア到達までひたすら多読

精読後はなるべく毎日、1パッセージにつき最低5回は読むという事を習慣的に行ってください。これを何度も何度も繰り返す事で読む速さが上がると同時に単語や構文の理解も深まります。

内容が理解できている文章を何度も読むということで、この時の目標読解スピードは通常の試験時に要求されるスピードよりも速くなります。だいたい250−300単語/分(3〜5分で読み切るスピード)を目標にしてください。

そして、この時役立つのが、精読時にカラーで書き込んだ文法等のメモです。これのおかげで、一目で文の構造が分かるので、文法を含む読解力があがると同時に、速読スピードが上がります。

これを過去問3冊分の長文全てにやってください。最初の精読はかなり大変で時間もかかりますが、その後はとにかく頭の中でor声に出して、とにかく読むという作業なので少しずつ負荷は軽減されてくるはずです。

4. 最後に

英語力は日々の積み重ねで必ずついてきます。焦っていろいろな参考書に手をつける気持ちはよくわかるのですが、1本のテキストがボロボロになるくらい繰り替えしてみてください。気づいた頃には大きな力になっているはずです。

一番良くないのは、少しやっては参考書を変え、、、を繰り返すこと。覚悟を決めたら1冊やり通すという意思をもってくださいね!

IELTSの対策についての情報をお探しの方はこちらも読んでみてください。

その他、具体的な対策法も含めて多くの記事書いていますので、その他IELTS対策関連の記事も併せて御覧ください。

勉強方法でお悩みの方は是非コメント欄で連絡いただければ、できる範囲でアドバイスさせていただきたいと思いますので、是非遠慮せずコンタクトしてください。

またコメント欄には多くのコメントが寄せられており、全てに回答していますので、そちらも合わせて読んでみてください。

気に入ったらシェアお願いします!

111 件のコメント

  • 参考になるアドバイスありがとうございました。

    今ニュージーランドでIELTSの12週間の短期集中コースを受けていて5.5を目指しています。1ヶ月経ちましたが授業模試をしてもアカデミック4.5から良くて5までしか取れません。リーディングにおいては、読むペースが遅くてセクション1つに25分はかかってしまうし、単語力が弱いので結局文の9割は意味がわかりません。このままIELTSコースで問題をとき続けても伸びる気がしません…自分でなかなか勉強できないと思ったのでIELTSコースを受講したのですが、Generalコースに戻ってボキャブラリーなどを積むべきか悩んでいます。
    なにかアドバイスがあればお願いします。

    • コメントありがとうございます。
      目標が5.5とのことですが、例えばリーディングであれば19−22問正解すれば5.5ですし、リスニングも18−22問で5.5がとれます。
      ですので、正答率でいえば50%でいいということになります。
      それを踏まえて答えるならば、リーディングで3パッセージを全て読み切る必要はまったくありませんし、リスニングも一番簡単なパート1で8〜9点を取れればあとはなんとかなる、というレベルになります。なので、12週間コースを受ければ、まぁなんとか目標〜6.0程度には届くんではないかなという気がします。

      ただもともと他の記事で書いていますが、語学留学が試験対策になるか、と聞かれれば私はいつも「NO」と答えています。スコアアップに必要な勉強は「英語で英語の授業を受ける」ことではなく、(自室にこもり)地道に英単語を覚え、そして精読多読を繰り返しながら文法知識を深めていくことにあるという考えからです。
      私もIELTS7.5を取った後にダブリンに2ヶ月、エディンバラに3ヶ月語学留学をしたことがありますが、スピーキング力は随分上がった一方基礎的な英語力はほとんどつかなかったな、という印象を持っています(授業外で遊びまくってたのでめちゃくちゃ楽しかったですが)。
      それはやはり、「自習」をする時間をほとんどとらなかったことにあるということ、そして比較的簡単な教材にstickしていたことにある、と思っています。

      以前にも同じようなコメントをいただいたことがあるのですが、基本授業を受けている時間は英語の勉強時間には含めません。それは負荷がほとんどかかっていないためです。
      スコア1.0をあげるためには約300時間の時間が必要と言われていますが、これは授業外に自分で勉強した時間で300時間ということです。
      また英単語を覚えるのであれば、絶対的に英単語帳を1冊買って頭から片っ端から覚える日本の受験スタイルが一番いいと思います(海外のテキストの中で出て来る単語を拾っていくだけではあまりに効率が悪い)し、それであれば海外にいる必要もありません。

      ですので、本音を言えば試験英語は日本で勉強するのが1番。もし今ニュージーランドにいてその環境を生かしたいのであれば、ライティングの添削を受けること、スピーキング力をつけることにフォーカスを当て、授業外でしっかりリーディング、リスニングの対策を自習されるのが一番いいかと思います。
      あくまで「試験」である限り、これは何事もそうですが自習時間が一番大事で、授業を受けると言うのは正直ほとんど身についてくれないのが現実です。

  • こんにちは。最初にリーディングの問題を解く際に、時間内に解き終わることができなかったり、書いている文章がわからない場合は、どう勉強していくのがいいでしょうか。最初から調べながら精読して、慣れてきてから問題を解く→精読→多読で行おうと思っているのですが。。。アドバイスお願いします。

    • 最初から時間内に解き終わる人も、本文理解して読める人なんかほとんどいませんよ。笑
      ネイティヴですら全文きちっと読んで問題解いてたら時間足らなくなるっていうくらいですので、そもそもしっかり読み込んで解答するような試験ではない、という割り切りが必要かと思います。

      が、あくまで勉強方法となればもちろん隅から隅まで完全に理解することが英語力向上に不可欠ですので、まずは徹底的に調べ上げて精読をするところから始めてみてください。

  • こんにちは。今から初めてIELTSの勉強をしようとしている高校2年生です。高校生でまだ一度も受験していないので、英語だけのテキストで理解できるか不安なのですが、日本語のテキストを買わなくても、挫折せずに勉強を続けることは可能ですか?

    • 中学英語や関係詞、分詞構文など最低限の文法知識があるのであれば、日本語の解説本入らないと思います。
      というより、日本語の解説本は確かに試験内容がどんな感じか知るにはいいかもしれませんが正直英語力をつけるためのテキストとしては役不足です。
      逆に高校英語なんか完全に忘れたであろう社会人の方もこのブログで紹介している方法に取り組み成果を出されている方がたくさんいらっしゃいます。
      リーディングスコア4.5程度の方も過去問集を使った精読を中心とした勉強で6.0以上取ってる方が多数いますので、そこは問題ないはずです。

      が、挫折せずに、というのは少し引っかかります。アイエルツのスコアアップにはそれなりに時間がかかりますし、最初の英語力次第ではかなり勉強は苦労するはずです。
      ですので、途中どんなに苦労しても挫折なんかしてる暇ない、というくらい強い気持ちを持ってないと勉強が手につかないように思います。
      アイエルツを受けてる方は、留学や就労など具体的なプランがあるために1年以内のかなり短期の間にかなりの幅のスコアアップを目指す人がとても多い試験です。
      具体的な目標を立ててそれなりに本腰入れて取り組まないとなかなかスコアアップには繋がらないのではないでしょうか。

  • こんにちは、また質問をさせて頂きます。

    いくら精読をしたとしても、理解できない文法などはありましたか?

    ネットや一般の文法書に載っている文法事項は大方理解できると思いますが、どうしても分からないものに関して筆者さんはどのように文法については学んだのでしょうか。

    また実際、公式問題集に出てくる全ての構文、用法などを理解して8.5を取得しましたか?

    • こんにちわ。
      どーーーーしても理解できない、というのは1パッセージに1つあるかないか、って感じです。何をどうあがいてもダメな時はとりあえずその場は解釈を想像して先に進み、他の精読を進めながらまた戻って来た時に再度考えるという感じでいいのではないかと思います。
      もちろん理想は、精読をする=わからないところを0にする、ということは忘れてはいけません。

      Rについては正直言って、今であればいつでも8.0以上は必ず出せる自信があります。初めて8.5を出した時も過去問3冊分で登場した文法事項に関しては全て理解できていた、と考えています。

      • なるほどですね、、
        実際に8.5を取られているのを見ると、取りたくなってしまいましたが、高望みせずにまずは7以上を目指して頑張ることにします!

        僕の文法の解釈能力があまりないのか、調べ方が悪いのか、1つのパッセージにつきいくつも意味不明な箇所があるので、とりあえずあと4ヶ月弱、多読しまくります!

        ありがとうございました。

        • ここがどうにもわからない!みたいなところがあれば、コメント欄にセンテンス抜き出していただければアドバイスできるかもしれないので(前後わからないので無理かもしれませんが、、、)、どうにも困った時にはご相談ください。
          頑張ってください!

  • こんにちは、留学を目指しており、記事に励ましてもらいながら、独学しています。

    筆者さんは、精読多読の段階を終え、それのみで試験に挑んでおられるようですが、本番試験の問題の解き方などのコツなどは何か掴んでいるものはあるのでしょうか?

    例えば問題文を先に読む。などは当たり前だと思います。
    しかし実際には3つの本文全て読む時間など到底ないと感じています。そこで本番でのReading section への取り組み方についてを何か参考にさせてもらえれば、ということで
    何か一つでもアドバイス頂ければ、大変嬉しく思います。

    • ゆーやさん
      コメントありがとうございます。
      本番ですが、問題を先に読むというのはありますが、IELTSの場合、設問の順番と本文中に回答がでてくる順番は基本同じですので、問題を全部見てから本文ということはせず、第1問目を見る→本文を読む、第二問目を見る→本文続きを読む、という感じで進めています。
      第1問目にタイトルマッチングのような「本文全体に及ぶ問題」がきた場合にはスキップして、一番最後にといています。

      ちなみにですが、本文全てを読む時間は到底ない、ということは私は実は全然思っておらず、あの本文レベルであれば読むべきですし読まないと7.0以上のスコアはとれないな、というのが本音なところです。
      ただもちろん時間はほとんどあまりません。8.5取った時も最後数十秒余ったくらいの感じで結構ギリギリでした。

      また、6.0~6.5を目標にする場合には、とにかく1パッセージ20分の原則は絶対に守り1つに時間をかけすぎない、そしてどうにも時間が足りなくなりそうになった場合にはTF/YesNO問題と穴埋め問題に注力しそこを確実に取りに行くといきましょう。タイトルマッチや要約問題は意外と難しく時間がかかることが多いですが、前者の設問の場合解答根拠が比較的狭い範囲にまとまっていることが多いです。

      やはり速読スピードというのはかなり大事で、早く読んでしかも1回で内容を捉える(繰り返し同じところを読まずに理解)ということが高得点には必要です。ですので、しっかりとした精読とその後何度も繰り返す多読・速読は超重要(語彙力強化はいうまでもなく)だと思います。
      あまりテクニックのようなものはないので参考にならなかったらすいません。

      • 経験談を交えたアドバイス、ありがとうございます!是非実践でも生かしたいと思います。

        とにかく記事でもおっしゃられている、速読で完全に各パッセージを理解するまで読み込めるようになるということを頑張ります。

        あともう一つ気になっていたのが、公式問題集3冊計36本のパッセージを勉強の教材として使うとおっしゃられていますが、3冊を行うことでアカデミックな単語や頻出表現などは一通り習得できるということなのでしょうか?

        すみません、ついつい不安になってしまって色々と書いてしまってしまいましたが、手短にでもご返答頂きたいと思います。

        • 残念ながら、英単語に関してはたかだか過去問3冊だけでは役不足です。
          記事中にも書いていますが、3500など試験用単語帳をもちいてしっかりと語彙力強化を並行することは必須です。

          また、ライティングでの高得点にもつながるので、語彙力強化にもきちんと取り組んでください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Shun

    1988年 横浜生まれ。アイルランド、スコットランドへ短期留学後、スウェーデン南部マルメ1年留学、さらにその後英国ロンドンに大学院生として留学。北欧やバルト3国の大部分の都市・街を周遊し北欧の文化や観光情報にも精通。 留学に必要なIELTS対策と北欧を中心としたヨーロッパ観光情報をブログにて紹介中。

    RELATED POST関連記事